住宅建築専攻について

住宅建築専攻の特色

人を想い、住宅をトータルに考える力を育む。

住宅の設計は、人々の生活に密着するがゆえに、より深く、より広い知識が必要となります。住宅建築専攻では、デザインや工学的技術だけではなく、家族のあり方や人と人とのコミュニケーション方法など、社会学・心理学的側面についても学び、変化する時代に対応した住まいのあり方について考えていきます。その上で、建築物としての造形デザインやインテリアデザイン、またはユニバーサルデザインなどについて学び、地震や風雪にも耐えうる構造技術と、室内環境を快適にコントロールする環境・設備技術などについて学習。住宅と居住環境のあり方を総合的に再確認・再構成し、個々の人に適した住まいを つくれる能力の修得をめざします。

住宅建築専攻

在学生の時間割 (1年次)

時限 Mon Tue Wed Thu Fri
1 スケッチ表現 英語演習1   英語演習1  
2 スケッチ表現 中国語総合1 オーラルイングリッシュ1 情報処理基礎 基礎数学
3 基礎ゼミ1   国際化と異文化理解 生涯スポーツ1 基礎製図
4 建築概論     物理学及び演習 基礎製図
5       物理学及び演習 基礎製図

目標とする資格・検定

  • 一級建築士
  • 二級建築士
  • 木造建築士
  • インテリアコーディネーター
  • 福祉住環境コーディネーター(1~3級) など

在学生インタビュー

最新の住宅設計の学びを求め
この専攻への転学に挑戦

転学部試験を受験して、2年次からこの学部に入りました。建築の中でも住宅に興味があり、専門的に学べる住宅建築専攻に進みたかったからです。指導する先生はハウスメーカーなどで実務を経験された方が多く、住宅に関する幅広い話を聞けるのがこの専攻の魅力。お客様の希望以上の提案を加えた住宅設計を、ハウスメーカーなどに入社して実現したいです。

自分では思いつかない発想に
刺激を受け続ける毎日です

住宅に特化して図面を何度も書くため、おのずと知識が深まりスピードもアップします。また、色んな専門分野に精通した教授陣の斬新な発想に触れる中で、建築の捉え方がぐっと広がりました。特に、住空間作りに大きく影響するインテリアデザイン論が面白く、将来は、内装ディスプレイ関係の仕事に就きたいと考え始めています。

1軒の家を作る演習を通して、
設計力を高めることができます

大きな学びを得たのが、プランニングから構造設計まで住宅造りを一通り経験できる「住宅実務設計演習」。採算計画を考える中で、むやみに柱を立てるのではなく、建築部材のコストも踏まえた設計を意識できるようになりました。絶え間なく設計課題に向き合うため、図面の引き方や考察力など、日々向上しているのを感じます。

卒業研究紹介

実大木造トラスの開発にかかわる実験研究

角野 千歌さん 田遠 佳世子さん 2016年3月卒業

近年、国の施策による国産の木材の消費拡大に伴い、木造建築も公共建築物を中心に大型化してきています。そのような状況で、大空間を実現する方法としてトラス架構があります。木材は軽くて強い材料ですが、部材同士の接合が非常に難しい材料であり、構造体の性能は接合強度で決まります。そのため、新たに開発した接合金物を用いて製作された実大トラス架構の性能を、実際に荷重を作用させることで実験的に確認しました。

卒業研究紹介