企画マネジメント専攻について

企画マネジメント専攻の特色

つくる建築から守り育てる建築へ。これからの建築のあり方を考える。

企画マネジメント専攻では、「つくる建築から守り育てる建築へ」と転換を図る新しい建築のあり方を学びます。何をつくるかだけではなく、現実の社会経済面から見た実現可能性や、社会や人々とともにどうやって建築をつくるか、建築をどのように守り育てていくのかを考察し、その考えを身につけていきます。また、ストック社会・成熟社会における建築のあり方を探究するため、計画・設計の 前段階である建築企画、建築竣工後の維持・管理・経営分野に関する専門知識も学習。今後ますます多様化していく建築産業や不動産業にも対応し、建築業の枠を超えて住宅・建築・都市にかかわるさまざまな業態に対応できる能力を修得します。

企画マネジメント専攻

在学生の時間割 (1年次)

時限 Mon Tue Wed Thu Fri
1 スケッチ表現 英語演習1   英語演習1  
2 スケッチ表現 中国語総合1 オーラルイングリッシュ1 情報処理基礎 基礎数学
3   基礎ゼミ1   健康とスポーツの科学 基礎製図
4   建築概論   物理学及び演習 基礎製図
5       物理学及び演習 基礎製図

目標とする資格・検定

  • 一級建築士
  • 二級建築士
  • 木造建築士
  • 宅地建物取引主任者
  • 不動産鑑定士 など

在学生インタビュー

リアルなまちの問題を掘り起こし
地域活性策を提案しました

近畿大学は実践力が身につく学びが豊富。例えば「建築企画演習」では、東大阪市の密集市街地を調査するフィールドワークを行いました。まちの課題を発見し、地域住民だけでなく外からも集い、「多世代」が交流できる空間を提案したところ、好評をいただき自信がついたことは、これからの自分の大きな糧となるに違いありません。

視点を変えれば空間や地域が
ガラリと変わることを実感!

企画マネジメントを専攻しながら、建築デザインの科目も履修。専攻を超えて学べるのも本学の特徴です。先生を通して参加したリノベーションスクールでは企画が実際に採用されたりと、大学内外で広く深く経験を積めるんですよ。人口減少、空き家増加など一見良くないことも視点を変えれば楽しいアイデアが生まれることを実感する毎日です。

興味のある分野を
専攻を超えて徹底的に学べる

1・2年次では幅広く建築分野を学び、3年次からは興味のある分野をより専門的に学べるカリキュラムが良かったです。所属しているゼミでは風が建物に与える影響を研究中。また演習ではミナミにある文化住宅をテーマに、再生の企画を行う演習に取り組んでいます。実際にまちに出て調査するなど、楽しみながら学べるのも醍醐味です。

卒業研究紹介

まちの再生を推進する
リノベーション事業の体制に関する研究
—阿倍野区昭和町を題材として

大倉 雅史さん 2016年3月卒業

昭和初期に日本で最初の区画整理事業によって誕生した阿倍野区の昭和町は、開発から年数が経ち、バブル崩壊後は長屋に空き家が目立つ状況となっていました。しかし、近年、特徴のある個人経営の小店舗が集積し、まちが再生してきています。この研究ではそうした再生にかかわるリノベーション事例と関係者に焦点を当て、まちの再生を推進している人々の組織構造の解明を行いました。

卒業研究紹介