企画マネジメント専攻について

企画マネジメント専攻の特色

つくる建築から守り育てる建築へ。これからの建築のあり方を考える。

企画マネジメント専攻では、「つくる建築から守り育てる建築へ」と転換を図る新しい建築のあり方を学びます。何をつくるかだけではなく、現実の社会経済面から見た実現可能性や、社会や人々とともにどうやって建築をつくるか、建築をどのように守り育てていくのかを考察し、その考えを身につけていきます。また、ストック社会・成熟社会における建築のあり方を探究するため、計画・設計の 前段階である建築企画、建築竣工後の維持・管理・経営分野に関する専門知識も学習。今後ますます多様化していく建築産業や不動産業にも対応し、建築業の枠を超えて住宅・建築・都市にかかわるさまざまな業態に対応できる能力を修得します。

企画マネジメント専攻

在学生の時間割 (1年次)

時限 Mon Tue Wed Thu Fri
1 スケッチ表現 イングリッシュ・スキルズB1   英語演習1  
2 スケッチ表現 中国語総合1 イングリッシュスキルズA1 情報処理基礎 基礎ゼミ1
3   建築概論 ビジネスモデルとマネジメント 健康とスポーツの科学 基礎製図
4     基礎数学 物理学及び演習 基礎製図
5       物理学及び演習 基礎製図

目標とする資格・検定

  • 一級建築士
  • 二級建築士
  • 木造建築士
  • 宅地建物取引主任者
  • 不動産鑑定士 など

在学生インタビュー

まちづくりや都市計画を進める
“人”に焦点を絞った実りある学び

「まちづくり論」では、ファシリテーターとは何か?優れた行政職員とは?など、人に焦点をあてた学びも。公務員をめざす私にとって、まちづくりや都市計画の道しるべとなる考えを深く知れた講義です。実際の物件のリノベーション案を提案する機会もあり、習得した製図や設計技術などが実務でどう生きるのかを実感できました。

地域の皆さんと意見交換を行い、
建物の活用法を企画する貴重な経験

公務員の建築職を志望していたため、建築の行政分野を学べる本専攻を選択しました。公園に面したアパートの活用法を企画する演習では、所有者の方や市役所の職員さんと意見交換しながら、リノベーション計画を立案。周辺の環境や住民の年齢層によってニーズが変わる難しさとともに、まちづくりを担うやりがいを感じました。

地域活性化や空き家対策に尽力する
コンサルタントになるのが夢

都市計画のコンサルタントが目標。本専攻は、多様化する建築産業にも対応したカリキュラムで、コンサルタントに必要な高度な専門知識を養えます。まちの歴史や景観、交通にも目を向け、不動産的な視点で建築物を考える思考も身につきました。地域活性化や空き家対策のプロとして活躍するまちづくりコンサルタントをめざします。

卒業研究紹介

空海の想いを参詣者に伝える修行僧の
コンシェルジュメゾン“あばらかきゃ”

浦井 亮太郎さん 2019年3月卒業

世界遺産・高野山の文献や現状を分析し、空海が構想した参詣道である“町石道”が認識しづらく、参詣空間の意味が伝わらない状況だと分かりました。そこで、空海の想いを参詣者に伝えるコンシェルジュ機能をもつ修行僧の共同住宅を設計し,高野町で展示発表しました。大学院進学後は、高野山中学校で「ふるさと教育」カリキュラムの開発・実践に携わりながら、共創まちづくりの場としての学校に関する研究をしています。

卒業研究紹介