建築工学専攻について

建築工学専攻の特色

計画・構造・環境の3分野を包括的に学び、総合的な建築の能力を養う。

建築には、美しく使いやすい建築を考える「計画」と、災害にも強く安全・安心な建築を考える「構造」、音・光・熱・空気の視点から快適性と持続性を考える「環境」の3つの分野があります。また、古代ローマ時代から建築に必要な要素は用・強・美の3つであるとうたわれています。欧米の建築教育は各分野が独立し、デザインを重視する傾向が強いのに対して、日本の建築教育は、技術者教育と建築家教育を総合した独自の体系を持っており、国際的にも高く評価されています。建築工学専攻では、このような包括的な建築学教育に基づき、建築実務で活躍するより高いレベルの建築技術者および建築士の育成をめざします。

建築工学専攻

在学生の時間割 (1年次)

時限 Mon Tue Wed Thu Fri
1 スケッチ表現 英語演習1   英語演習1  
2 スケッチ表現 ドイツ語総合1 オーラルイングリッシュ1 情報処理基礎  
3   基礎ゼミ1 ビジネスモデルとマネジメント 健康とスポーツの科学 基礎製図
4   建築概論 基礎数学 物理学及び演習 基礎製図
5       物理学及び演習 基礎製図

目標とする資格・検定

  • 一級建築士
  • 二級建築士
  • 技術士・技術士補
  • 建築施工管理技士(1級・2級)
  • 建築設備士 など

在学生インタビュー

いかに建築で人を幸せにするか?
建築人の核となる心を学べました

建築物は人の生活と密接に関わるもの。だからこそ細かい工夫や狙いがあり、その意図にハッと気付いた時の興奮やスッキリ感が建築を学ぶ面白さ。私が特に好きな講義は、「福祉住居論」。福祉が意味するのは“幸せ”です。どうすれば建築で人の心や生活を豊かにできるか考え抜いた時間は、必ず社会に出た時の糧になると思います。

建築のデザインに大きく影響する
“構造”を紐解いていく面白さ

建築のデザイン=設計で決まると考えていた私。実は“構造”が大きく影響するのだと本専攻で知り、安全に関わる分野を学べる意義深さを感じています。コンクリートや鉄筋の破断の仕方から性質や構造理解を深める実験は、特に面白かったです。将来は、計画から竣工まで一番近くで関われる施工管理職になるのが目標です。

好きだった数学や物理の知識が、
建築の魅力をさらに深めてくれる

建築の原理・原則を学び、そこから材料や構造について知見を広められるのがこの専攻の魅力です。高校の頃から数学や物理が好きだったので、公式を用いて構造物にかかる力を求めていく「静定構造力学」の講義がとても面白く、テストも高得点。今は入社後早い段階での一級建築士の資格取得をめざし、勉強に励んでいるところです。

卒業研究紹介

コンピューターシミュレーションを用いて建物に作用する風圧力を分かりやすく

亀井 宏和さん 建築学科[4年]

強風時の建物に作用する風圧力を、コンピューターシミュレーションで研究しています。風上側の壁面は正圧(押す力)が作用し、屋根面では負圧(引く力)が作用します。コンピューターシミュレーションを使うと建物に作用する風圧力が色で表すことができ、台風時の建物に作用する力が詳しくわかります。

卒業研究紹介図表

卒業研究紹介図表