建築工学専攻について

建築工学専攻の特色

計画・構造・環境の3分野を包括的に学び、総合的な建築の能力を養う。

建築には、美しく使いやすい建築を考える「計画」と、災害にも強く安全・安心な建築を考える「構造」、音・光・熱・空気の視点から快適性と持続性を考える「環境」の3つの分野があります。また、古代ローマ時代から建築に必要な要素は用・強・美の3つであるとうたわれています。欧米の建築教育は各分野が独立し、デザインを重視する傾向が強いのに対して、日本の建築教育は、技術者教育と建築家教育を総合した独自の体系を持っており、国際的にも高く評価されています。建築工学専攻では、このような包括的な建築学教育に基づき、建築実務で活躍するより高いレベルの建築技術者および建築士の育成をめざします。

建築工学専攻

在学生の時間割 (1年次)

時限 Mon Tue Wed Thu Fri
1 スケッチ表現 英語演習1   英語演習1  
2 スケッチ表現 中国語総合1 オーラルイングリッシュ1 情報処理基礎 基礎数学
3 基礎ゼミ1   国際化と異文化理解 健康とスポーツの科学 基礎製図
4 建築概論     物理学及び演習 基礎製図
5       物理学及び演習 基礎製図

目標とする資格・検定

  • 一級建築士
  • 二級建築士
  • 技術士・技術士補
  • 建築施工管理技士(1級・2級)
  • 建築設備士 など

在学生インタビュー

実験で専門知識を深めて
木造建築の魅力を伝えたい

日本に多い木造建築に魅力を感じ、もっと木造の知識を深め、将来その良さを広める仕事がしたいと、木質構造研究室に入りました。実物サイズの試験体で実験を行えるのは近畿大学ならでは。何カ月もかけて実験を行うので、何度も自分のプロセスや計算が合っているか不安になることもありますが、成功した時の達成感は忘れられません。

建物の安全性に関わる構造特性が、
実験でより深く理解できます

もともと住宅系志望でしたが、建築構造の安定性と大きく関係する静定・不静定といった物理系の講義に夢中になり、建築工学を専攻。建築構造実験では、コンクリートが壊れていく過程を体感的に学べ、より理解が深まる興奮がありました。将来は構造設計者として、ビルや商業施設などスケールの大きな建築設計に関わりたいです。

多分野を包括的に学ぶことで、
めざしたい将来像が見えました

建築学を多方向から学べるのが本学科の魅力。建築構法や設備・法規などは、将来の夢である現場監督には欠かせない知識です。ゼミでは、建築材料について研究を深めました。ゼミで得た建築材料の知識を、仕事はもちろん今後の趣味の一環として自らの実践に活用したいです。

卒業研究紹介

超高層鋼構造建物における、柱梁接合部の性能評価実験

小林 裕希さん 2017年3月卒業

1960年代、当時最新の設計規範で建てられた超高層建物が現在も多く使用されています。近年、東南海地震などの長周期地震が起こると危惧されているため、現存する超高層建物を現行の耐震設計の基準に当てはめた場合の保有性能を把握することは重要です。本研究では、柱梁接合部が破断するまで載荷し、その保有性能を評価しました。

卒業研究紹介図表