建築デザイン専攻について

建築デザイン専攻の特色

文化や芸術、地域などとのつながりを理解し、
その上で新しい建築デザインを探究する。

建築はさまざまな文化や芸術、社会システム、地域と深くかかわっています。そのことを理解して、新しい建築のデザインを探究していく。これが建築デザイン専攻で学ぶことの中心です。具体的には、歴史を踏まえた幅広い教養と専門知識の修得をはじめ、自らの感覚を頼りに身近な空間を都市につなげ、新しい建築を構想すること。さらには、縮減していく都市における地域のコミュニケー ションの考察。歴史的な背景を理解し過去と現在の建築をつなぐ思想を身につけることなどです。質の高いデザインとは何かを追い求め、新しい発想と確かな知識で、次世代の建築デザインについて考えていきます。

建築デザイン専攻

在学生の時間割 (1年次)

時限 Mon Tue Wed Thu Fri
1 スケッチ表現 英語演習1   英語演習1
2 スケッチ表現 韓国語総合1 オーラルイングリッシュ1 情報処理基礎  
3   基礎ゼミ1 ビジネスモデルとマネジメント 生涯スポーツ1 基礎製図
4   建築概論 基礎数学 物理学及び演習 基礎製図
5       物理学及び演習 基礎製図

目標とする資格・検定

  • 一級建築士
  • 二級建築士
  • 木造建築士
  • インテリアコーディネーター
  • インテリアプランナー など

在学生インタビュー

未来を見据えた建築デザインを
発想できる人材になりたい

その時代の生活や文化と密接にリンクする建築物は、未来の社会を見据えた新しいデザインの発想が求められます。建築家に必要となる企画構想力を鍛えてくれる演習が、「スタジオ設計」。敷地選びから始まり、どんな機能をもつ建築物を作るかまで緻密に考え抜くため、何度も頭を抱えましたが、形になった時の喜びも大きかったです。

豊富な設計課題によって身についた
建築を俯瞰的に捉える視点

意匠設計に特化した本専攻は設計課題が多く、教員や仲間とディスカッションを交わす中で新しい発見を得られます。これまでは建物単体に目を向けがちでしたが、今は建築をまちの一部として俯瞰的に捉え、その場所に必要な機能・デザインを考えられるように。将来は、訪れた人がワクワクするような空間デザインの創出が夢です。

建築デザインを深く知ると、
世界の見え方が180度変わる

将来は、住宅設計の仕事に就くことが目標です。著名な建築家の図面に色を塗り、そこから設計思想やデザイン手法を読み解く「建築設計概論」はとても実りがあり、手を動かして考える作業の楽しさにも没頭しました。世界の見え方が180度変わるのがこの専攻の面白さ。いつもの帰り道にも、デザインの工夫があったことに気付けます。

卒業研究紹介

心のみちくさ~過疎化集落を心の療養の場として再編するグリーンリノベーション計画~

野瀬 ひかりさん 2021年3月卒業

集落の過疎化と精神科病院の閉鎖的空間という2つの問題提起に対し、園芸療法に着目し、園芸学校で学んだ園芸療法士や精神科病院、地域住民を巻き込みながらランドスケープと建築の操作によって豊かな集落を創ろうとする提案です。既存の敷地や自然を読み解き、それぞれの場の特性を活かし竹林エリア、棚田畑エリア、住宅園芸エリアといった空間が設計されています。

卒業研究紹介図表