建築デザイン専攻について

建築デザイン専攻の特色

文化や芸術、地域などとのつながりを理解し、
その上で新しい建築デザインを探究する。

建築はさまざまな文化や芸術、社会システム、地域と深くかかわっています。そのことを理解して、新しい建築のデザインを探究していく。これが建築デザイン専攻で学ぶことの中心です。具体的には、歴史を踏まえた幅広い教養と専門知識の修得をはじめ、自らの感覚を頼りに身近な空間を都市につなげ、新しい建築を構想すること。さらには、縮減していく都市における地域のコミュニケー ションの考察。歴史的な背景を理解し過去と現在の建築をつなぐ思想を身につけることなどです。質の高いデザインとは何かを追い求め、新しい発想と確かな知識で、次世代の建築デザインについて考えていきます。

建築デザイン専攻

在学生の時間割 (1年次)

時限 Mon Tue Wed Thu Fri
1 スケッチ表現 英語演習1   英語演習1
2 スケッチ表現 中国語総合1 オーラルイングリッシュ1 情報処理基礎 基礎数学
3 基礎ゼミ1   国際化と異文化理解 健康とスポーツの科学 基礎製図
4 建築概論     物理学及び演習 基礎製図
5       物理学及び演習 基礎製図

目標とする資格・検定

  • 一級建築士
  • 二級建築士
  • 木造建築士
  • インテリアコーディネーター
  • インテリアプランナー など

在学生インタビュー

実践的な演習や実習で
自分の考えをカタチにできる!

知識や技術がない状態で入学したものの、1年次から図面の描き方を学んだり、CADに触れられたり、2年次からは実際に自分で設計して模型など形にしたりと、豊富な演習科目を通して、実践的な知識を身につけることができました。研究室では他大学とのコンペもあり、学内外に、一緒に頑張る仲間ができたことは自分の財産だと感じています。

日本や西洋の建築史から、
先人の考えや手法を知る面白さ

将来は、個人住宅を設計する建築家が目標。限られたスペースだからこそ、建築家の介入で全く違う空間を創造できるのが魅力です。そのための具体的なデザイン手法を学ぶ上で役立っているのが建築史の講義。先人たちが自らの考えと時代背景をどう織り交ぜ、どんな工夫をして建築物を作り上げたかを知ることができ、とても興味深いです。

密度の濃い設計課題を通して、
着実に力が磨かれています

「スタジオ設計」では、一つのテーマに沿って敷地の選定から現地調査、企画構想を行います。コンセプトや概念図をまとめたエスキスに対して実績豊富な教授陣や外部講師の方から1時間近くかけて意見をもらえ、貴重な学びを得ています。建築のディティールだけでなく、周辺環境など俯瞰して構想を練る大切さを知りました。

卒業研究紹介

香川県高松市の「いただきさん」がもたらす街のクロスユースの提案

桐山 萌絵さん 2017年3月卒業

香川県高松市の伝統行商である「いただきさん」。彼女たちは、特殊な3輪自転車に荷物を積み、鮮魚を売りながら街のコミュニティを形成してきました。しかし現在「いただきさん」の高齢化が進み、以前のようなにぎやかな光景が見られなくなってきています。そこで、「いただきさん」のルート、留まる場所のリサーチを通じて街のより高度なまち利用を引き出す提案です。

卒業研究紹介図表