このページの本文へ移動します。

KINDAI UNIVERSITY

  • 近畿大学ホーム
  • 学部・大学院一覧
  • トップページ
  • 研究
  • アルミニウム化合物による常温・常圧での水素分子活性化反応を発見 安価で豊富な元素を用いた水素化反応触媒や水素貯蔵材料の開発に期待

研究

アルミニウム化合物による常温・常圧での水素分子活性化反応を発見 安価で豊富な元素を用いた水素化反応触媒や水素貯蔵材料の開発に期待

茨城大学工学部の吾郷 友宏(あごう ともひろ)准教授、京都大学化学研究所の笹森 貴裕(ささもり たかひろ)准教授、時任 宣博(ときとう のりひろ)教授、近畿大学理工学部応用化学科の松尾 司(まつお つかさ)准教授らの研究グループは、低酸化状態のアルミニウム化学種であるアルミニウム間二重結合化合物(ジアルメン)を用いて、常温・常圧の状態で水素分子を活性化し、水素化アルミニウム化合物を得ることに成功しました。
※ くわしくはこちらをご確認ください。

このページの先頭へ

MENU閉じる
      訪問者別