このページの本文へ移動します。

KINDAI UNIVERSITY

  • 近畿大学ホーム
  • 学部・大学院一覧

イベント

12/25(金) 『第5回 理工学部研究発表交流会』を開催しました!

 平成27(2015)年12月25日(金)近畿大学(大阪府東大阪市)理工学部にて、『第5回 理工学部研究発表交流会』を開催しました。

社会環境工学科 嶋津 治希准教授
「化学物質の環境動態」
化学物質のリスクを評価するために汚染源の環境動態を把握する必要があり、大気中の微量有機汚染物質が昆虫のセミにどのような経路で移行しているのかの調査事例が紹介されました。

機械工学科 鈴木 直哉准教授
「地球環境における海と大気の関わり合い--大気・海洋問題運動量・CO₂輸送機構の解明とモデル化―」
地球温暖化や気候変動を正確に予測するうえで海洋と大気の関わり合いが注目され詳細な知見は未だ不十分である、大気・海洋間における運動量・CO₂輸送に関する研究について紹介されました。

社会環境工学科 松井 一彰准教授
「生物多様性への悪影響って何か?」
「生物多様性への悪影響を避ける」というフレーズが環境保全分野でよく使われているが評価方法が疑問であり、世代時間の短い微生物を使用し基準となりうる科学的な評価方法を紹介されました。

上記、先生方に研究発表を行っていただき、各分野の研究内容を発表していただき理解を深め合いました。

理工学部長 藤原尚教授のご挨拶

嶋津 治希准教授

鈴木 直弥准教授

松井 一彰准教授

このページの先頭へ

MENU閉じる
      訪問者別