学科長挨拶

医療を取巻く環境は日々進歩しており、医療従事者の努力により多くの命が救われています。医療薬学科では、高度かつ多様化する薬学領域において活躍できる人材、すなわち薬に関する高度な専門知識を身に付け、更に優れた研究能力を兼ね備えたリサーチマインドを有する指導的薬剤師を養成しています。

近畿大学医療薬学科のカリキュラムの特徴として、単なる知識の習得に留まらず、医療現場で必要とされる技能・態度の習得を重視していること、自ら課題を発見し、解決する能力を養えるようにしていることが挙げられます。

具体的には、医学部や併設病院と連携し、多職種連携に貢献できる能力を養うため早期体験学習、医薬連携学習、臨床実務実習、がん治療学医薬看連携講義などを開講していきます。さらに、研究能力を持った指導的薬剤師を養成するために、3 年生後期から、全学生が研究室・部門に所属して個人研究を行い、6年生で発表すると共に卒業論文としてまとめ上げています。

例年、薬剤師国家試験では極めて高い合格率を維持していますが、他大学に先駆けて教育専門部門を設置し、専任教員によるきめ細かい指導を行ってきた実績があります。更に、臨床薬学部門を設置し、総合病院や地域薬局の現職薬剤師による指導体制を整備していますので、医療人としての心構えと倫理観、チーム医療を実践する能力を身に付けることができます。

将来、人の健康増進や疾病治療に携わり、社会に貢献することのできる薬剤師になるため、勉学のみならず日頃からコミュニケーション能力や倫理観を身に付けることを忘れないように楽しい大学生活を送って頂きたいと思います。

医療薬学科長

川﨑 直人
NAOHITO KAWASAKI
教授