教育理念

近畿大学学園の「建学の精神」と「教育の目的」

近畿大学学園の建学の精神は、「実学教育と人格の陶冶」です。この建学の精神を具体的に実践するために「人に愛される人、信頼される人、尊敬される人の育成」を教育理念に掲げています。 この建学の精神と教育理念に基づいて、「広い教養に裏打ちされた人格とチャレンジ精神をもって未来を志向しつつ、実践的学問すなわち実学の発展に貢献することのできる人材を育成」して、社会に送り出すことに全力で取り組んでいます。本学の各学部・大学院及び各学校は、それぞれの人材育成目標にそって、特色あるカリキュラムを用意し、充実した教授陣が、質の高い教育を提供しております。
学生の皆さんには、上記の建学の精神と教育理念を理解していただき、本学園で、本当に優れた友人・先輩・教員や夢中になれる学問に出会い、美しいものに打たれ、豊かな教養と専門的知識を身につけ、各人固有の才能を見出し、自分に最も相応しい将来設計をされることを願っております。

近畿大学の教育方針(アドミッションポリシー・カリキュラムポリシー・ディプロマポリシー)

薬学部の教育研究の理念と目的・育成する人物像

薬学部の理念は、21世紀の生命科学、基礎薬学、創薬科学、医療薬学、衛生薬学などの基盤に立脚し、医療に貢献できる薬剤師を養成するとともに、これらの薬学分野での研究に貢献し、活躍できる人材の育成を行うことにより、人類の福祉と健康に奉仕することです。
これらの理念を具現化するために以下のような人材の育成を教育の目標とするとともに、薬学に関わる多様な分野での研究に取り組むことを使命としています。具体的には、薬に関する高度な知識と臨床技能を備え、優れたコミュニケーション能力ならびに問題解決能力を備えた薬剤師として活躍できる人材を養成すること、さらに医薬品の創製・発見や開発・適用などの分野で社会と人類の福祉・健康に貢献できる創造性あふれた有能な薬学研究者、薬学技術者を社会に輩出することを学部教育の目的としています。薬学部卒業生は、医療の現場で薬を扱う立場に立つこと、あるいは人の生命に直結する医薬品の創製・開発に携わることから、専門知識・技能に加えて、幅広い教養とともに、生命、医療に対する高い倫理観をもち、豊かな人間性を備えた社会に信頼される人材の養成も本学部の重要な使命、教育目標の一つです。
平成18年度から導入された薬剤師養成教育6年制への移行に伴い、近畿大学薬学部では「医療薬学科(6年制)」と、「創薬科学科(4年制)」の二学科を開設しました。

薬学部の教育方針(アドミッションポリシー・カリキュラムポリシー・ディプロマポリシー)

医療薬学科の学習・教育目標

医療薬学科では高度・多様化する医療において活躍できる人材、すなわち薬に関する幅広く高度な専門知識と優れた臨床能力を有する指導的薬剤師、および薬剤師の資質を活かして薬学研究の発展に貢献できるリーチマインドを有する人材の養成を目標としています。さらにがん専門薬剤師の養成を目的とした<がん専門医療人材(がんプロフェッショナル)養成プラン>に加えて、近畿大学医学部との<医薬連携>制の推進により、一層充実した臨床教育・実務実習体制をめざしています。

医療薬学科の教育方針(アドミッションポリシー・カリキュラムポリシー・ディプロマポリシー)

創薬科学科の学習・教育目標

創薬科学科では、合成化学・薬理学・漢方薬学・コンピュータドラッグデザイン・細胞生物学などの最先端の薬学分野の知識とテクノロジーに精通し、医薬品の創製・設計、開発などの分野で薬学研究者・技術者として国際的に活躍できる人材の育成を目標としています。また2007年度よりハイテクリサーチセンタープロジェクトが始動し、アンチエイジングセンターや薬学総合研究所などの附属研機関とともに最先端の薬学教育・研究体制のさらなる充実と活性化をめざしています。

創薬科学科の教育方針(アドミッションポリシー・カリキュラムポリシー・ディプロマポリシー)