学部長挨拶

人々の健康や福祉に貢献できる薬剤師・薬学人の育成と最先端の創薬研究をめざして

近畿大学薬学部は、薬業の中心であった大阪の地に本学四番目の学部として1954年(昭和29年)に設置され、2006年(平成18年)からは6年制の医療薬学科と4年制の創薬科学科の二学科を設置しています。創設以来9,000人を超える優秀な人材を輩出し、医療界や製薬界で実に数多くの卒業生が活躍しています。建学の精神である「実学教育」を重んじ、人々の健康や福祉に貢献できる薬剤師・薬学人の育成を理念としております。本学の教育の目的としてかかげる『「人に愛される人」、「信頼される人」、「尊敬される人」を育成する』はまさに薬学部の教育理念そのものであります。医療薬学科では、日々進歩する医療にあって、高度な知識と技能、豊かな人間性、臨床における多種多様な問題解決能力や医薬の研究に貢献できるリサーチマインドを有する薬剤師を養成するため、優れた教授陣による講義以外に参加型学習や薬学研究を充実させています。また、本学医学部との連携により、病棟体験、医学部の学生との合同学習会、医学部教員による講義、併設病院での実務実習など医療チームの中で活躍できる薬剤師教育を実践しています。こうした充実したカリキュラムおよび少人数制学生指導により薬剤師国家試験では、極めて高い合格率を毎年維持しています。

創薬科学科では、飛躍的な進歩を遂げる創薬分野にあって最先端の薬学および生命科学分野の知識とテクノロジーに精通し、医薬品の創製、開発を通じて病気の治療や健康に貢献できる人材を養成します。また、国際的に活躍できる人材を輩出するための英語力やプレゼンテーション力の強化にも特に努めています。

教育とならんで研究も大学の本質的な使命であります。本学では、次世代抗がん剤の開発研究、再生医療関連の創薬研究に加え、私立大学戦略的研究基盤形成支援事業としての革新的がん治療法をめざした統合的ゲノム医薬連携による統合的ゲノム研究も現在進行しています。また、様々な機能性食品や化粧品が産学共同研究により商品開発され、実践の学問として成果をあげています。

総合大学として医学部を擁する優れた教育・研究環境の近畿大学薬学部から今後も医療・薬学に関わるあらゆる分野で社会貢献できる若い力を育てると同時に革新的な研究成果を今後も発信していきます。

学部長

岩城 正宏
MASAHIRO IWAKI
薬学部 学部長