院生メッセージ

日本文学専攻

リアリズム論を学び、台湾の思想シーンにも反映させたい。

邱 政芃さん (日本文学専攻 修士課程 1年)

1930年代日本、特に高見順周辺のリアリズム論について調査しています。古い資料を調べながら「人間にとって本当らしさとは何か?」といった大きな問題を考察できるのが面白く、台湾の思想シーンにも影響を与えられればと感じています。

邱 政芃さん (日本文学専攻 修士課程 1年)

英語英米文学専攻

イギリス文学を通して異文化への理解を深める。

西田 侑記さん (英語英米文学専攻 修士課程 1年)

シェイクスピアを中心とする初期近代イギリス文学と、当時の宮廷文化の影響を研究しています。異なる時代や文化に触れることは既存価値の客観視にもつながり、グローバル化社会での相互理解に役立ちます。

西田 侑記さん (英語英米文学専攻 修士課程 1年)

文化・社会学専攻

ネットコミュニティで社会的、経済的に好影響を与える。

岡田 真吾さん (文化・社会学専攻 修士課程 1年)

YouTubeやクラウドファンディングなどネット上のCtoCサービスが与える影響を研究しています。新たなマーケティングビジネスとしても興味深く、社会学や経済学など多様な観点から考察できる分野です。

岡田 真吾さん (文化・社会学専攻 修士課程 1年)

心理学専攻

子どもの発達に悩む保護者を心理学でサポート。

服部 光希さん (心理学専攻 修士課程 1年)

研究テーマは、子どもの発達に悩む保護者のメンタルヘルス向上と維持。保護者をサポートするために心理士に何ができるのかを考え、子育ての現場から求められる支援へとつなげていくことが目標です。

服部 光希さん (心理学専攻 修士課程 1年)