学生インタビュー

木下 諒亮さん

木下 諒亮さん (文芸学部 英語コミュニケーション学科 平成30年度卒業)
最初に受けたSpeakingの授業では、周りの英語力に圧倒され、授業に行かなくなっていました。しかし語学教育センターの授業は、先生や一緒に受けるメンバーによって全く違うクラスになるので、自分に合った授業を選んで受講していました。「長期留学しなくても日本で英語を頑張る」という覚悟で、2年間に20以上の講座を受け、英語を話す自信が湧きました。また、友達や面白い先生にもたくさん巡り会えました。就活や卒論、そして人生など深い話から浅い話まで先生に相談したり、授業仲間と飲みに行ったり、たくさんの思い出ができました。これから海外で働くチャンスもあるので、そこでも成長し続けたいと思います。

古家 萌香さん

古家 萌香さん (経営学部 経営学科 平成30年度卒業)
私は1回生の時から語学教育センターに行き始めました。最初は頑張れるか不安でしたが、先生にいつも「間違っても気にする必要はないよ」「あなたの英語は日に日に上手くなってるね!」と声をかけてもらえたことがモチベーションになって、純粋に楽しんで英語を学ぶことが出来ました。また私は語学教育センターで学年や学部、国籍の垣根を超えてたくさんの仲間に出会いました。その出会いをきっかけに海外インターンや他の言語の習得など、新しいことにもたくさんチャレンジできました。もっと語学を頑張りたい、何か新しいことに挑戦したいと思ったなら、ぜひ参加してみてください!

原田 環さん

原田 環さん (経営学部 会計学科 平成30年度卒業)
大学4年生になり、時間に余裕が出来たので就職活動と並行して、語学教育センターの講義を履修しました。少人数でネイティブスピーカーの先生の講義を受けることができ、参加人数が少ないがゆえに、先生や学生とプライベートでも会うほどの仲になりました。また、講義に休まず参加すると学期末に修了証が貰えるので、それがモチベーションで前期も後期も講義に参加しました。楽しく、高いモチベーションで外国語を学びたい皆さんにオススメです!

ページトップへ