教員紹介

石井 健司

石井 健司
准教授
所属 法学部 法律学科
法学研究科
学位 修士(政治学)
専門 政治学・西洋政治思想史
ジャンル 文化/哲学・思想
コメント 以前はイギリスにおける新自由主義の発展について研究していましたが、最近はシティズンシップ論、特にヨーロッパにおけるシティズンシップ教育の問題に関心を持っています。
リサーチマップ https://researchmap.jp/read0058327

研究中のテーマ

シティズンシップ論

最近の研究業績

ゼミナール(政治思想史演習 )

専門演習(ゼミナール)も、高校までの「授業」とはまったく違います。専門演習は、自らの問題意識に基づいて研究テーマを設定し、レジュメを作成して教員やゼミ生の前で口頭発表をして、ゼミ生同士の議論を通じて問題についての認識を深め、最終的には自らの研究成果を卒業論文にまとめるという、自主的な「研究」活動です。したがってここでも、自らの問題意識を明確にして主体的に演習に参加することが、重要なポイントとなってきます。演習での研究活動は、大学生の知的生活の醍醐味です。学生諸君には、ぜひ積極的な意志をもって演習に参加してもらいたいと思います。

ゼミ活動

学歴/経歴

学歴

  • - 1995年
    日本大学 法学研究科
  • - 1995年
    日本大学
  • - 1990年
    日本大学 法学部
  • - 1990年
    日本大学

経歴

  • 1995年 - 1998年
    日本大学法学部 助手

所属学協会

  1. 日本イギリス理想主義学会
  2. 日本イギリス哲学会
  3. 政治思想学会

MORE

研究活動情報

研究分野

  • 人文・社会, 政治学

研究キーワード

政治思想史

論文

  1. 欧州評議会のEDCプロジェクトにおける民主主義的シティズンシップのコア・コンピテンシー
    石井 健司
    政経研究  52  (2)  85-125  2015年9月 
  2. T.H.マーシャルの市民資格(citizenship)論とその批判
    石井 健司
    近畿大学法学  58  (2・3)  215-259  2010年12月 

書籍等出版物

  1. 藤原孝・山田竜作編『シティズンシップ論の射程』 , 日本経済評論社 , 2010年
  2. 大塚桂編著『日本の政治学(シリーズ日本の政治第1巻)』 , 法律文化社 , 2006年
  3. 本田弘博士古稀記念論文集刊行委員会編『政治と行政の理論と実際』 , 思文閣出版 , 2005年

MORE

MISC

  1. スペンサーの社会進化論 , 政経研究 , 41(4), 465-485 , 2005年
  2. ファビアン協会時代のグレアム・ウォーラス , 近畿大学法学 , 50(1), 107-158 , 2002年
  3. ボブハウスによる「ヘーゲル=ボザンケ的国家論」批判 , 近畿大学法学 , 49(203), 315-369 , 2002年

MORE

競争的資金

  1. シティズンシップ
  2. 福祉国家
  3. ニュー・リベラリズム