商経科(二部)紹介

ビジネスの知識と実務能力が身につく3コースで、
即戦力となる人材を育成。

近畿大学短期大学部商経科(二部)では、現代ビジネスに直結した3つのコースを設置。それぞれの専門分野における知識を高めるとともに、実社会で役立つ実務能力を修得できます。1コースで深く学ぶことも、コースを超えて広く学ぶことも可能です。また、法・経済・経営・文芸・理工学部の科目や通信教育部の科目も履修でき、実社会で役立つ知識と技術を幅広く修得できます。

2年間でビジネスに必要な知識と実務能力を効率的に修得

短期大学部商経科では、徹底した少人数教育のもとで経営学・商学・経済学の基礎から応用までを体系的に学びます。さらに学びにアクセントをつけるためにコース制が導入されており、情報管理秘書英語コミュニケーションの3つのコースが設けられています。これらのコースを選択することにより、実社会で即戦力として役立つスキルを修得できます。また、働きながら学ぶ学生や編入学希望者、スキルアップをめざす社会人など、さまざまな目的を持つ学生を広く受け入れており、一人ひとりのニーズに合わせて学べるよう、独自の教育を実践しています。「昼から夕方」「夕方から夜間」など、受講時間を自由に選択できるフレキシブルな時間割システムを導入しており、個々の生活パターンに合わせた履修が可能です。

手厚いサポート体制で希望する進路をバックアップ

卒業生の進路は、近畿大学をはじめとする4年制大学への編入学や公務員、民間企業への就職などさまざまです。短期大学部では、希望する進路へ無理なく進むことができるよう、合格後から手厚いサポート体制を整備。入学前の「リメディアル教育」や入学後の「基礎学習講座」で学習の基礎を強化するほか、「実践IT講座」でITスキルの向上を図っています。4年制大学への編入学に関しては、「編入学対策講座」を開講するとともに、教員が質問や相談に気軽に応じることで、学びたい意欲を持つ学生をバックアップしています。さらに、教職課程や司書課程が別途設けられているほか、電子会計やパソコン関連の資格取得対策の課外講座を開講しており、就職やキャリアアップをめざす学生を支援しています。

情報管理コース 濃い講義で情報管理のエキスパートを育成。

商経科 情報管理コース

学びのステップ

コンピュータの基礎から応用まで全般的に学び、各自の専門分野に対応した授業で、理解を深めていきます。

論理構造の理解から実践までを学び、実社会で必要とされる高度な情報処理の方法を身につけていきます。

情報管理コース紹介

秘書コース あらゆるビジネスシーンで役立つ、実践的な知識とセンス、スキルを修得。

商経科 秘書コース

学びのステップ

<秘書士>
所定の単位(合計20 単位以上)を修得すれば、全国大学実務教育協会から「秘書士」の認定証が授与されます。

ビジネスマナーをはじめ、パソコンや簿記、英語といったビジネス現場で求められるスキルや知識を幅広く修得します。

秘書コース紹介

英語コミュニケーションコース ビジネスの第一線で使える実践的な英語力を修得。

商経科 英語コミュニケーションコース

学びのステップ

ネイティブ教員や日本人バイリンガル教員による指導でコミュニケーションの楽しさを感じながら生きた英語を学びます。

ビジネスの第一線で使える実践的な英語力を修得し、即戦力を目指します。また、編入学試験を突破できるように専門的な語彙を吸収していきます。さらに、スタンダードな資格であるTOEIC®や観光英語検定に挑戦できるような力を付けていきます。

英語コミュニケーションコース紹介