特色

近畿大学短期大学部の魅力

短期大学部は東大阪キャンパスにあります。
商学・経営学・経済学を学ぶ商経科です。

入学前の学習から編入学対策まで、
しっかりとサポート。

2年間でビジネスに必要な知識と実務能力を効率的に修得。

短期大学部商経科では、徹底した少人数教育のもとで経営学・商学・経済学の基礎から応用までを体系的に学びます。さらに学びに特色をつけるためにコース制が導入されており、情報管理、秘書、英語コミュニケーションの3つのコースを設けています。これらのコースを選択することにより、実社会で即戦力として役立つスキルを修得できます。また、働きながら学ぶ学生や編入学希望者、スキルアップをめざす社会人など、さまざまな目的を持つ学生を広く受け入れており、一人ひとりのニーズに合わせて学べるよう、独自の教育を実践しています。「昼から夕方」「夕方から夜間」など、受講時間を自由に選択できる時間割システムにより、個々の生活パターンに合わせた履修が可能です。

手厚いサポート体制で、希望する進路をバックアップ。

卒業後の進路は、近畿大学をはじめとする4年制大学への編入学や公務員、民間企業への就職などさまざまです。短期大学部では、希望する進路へ無理なく進むことができるよう、合格から手厚いサポート体制を整備。入学前の「リメディアル教育」や入学後の「基礎学習講座」で学習の基礎を強化するほか、「実践 IT 講座」で ITスキルの向上を図っています。4年制大学への編入学に対しては、「編入学対策講座」を開講するとともに、質問や相談を気軽に受けるなど、学びたい意欲を持つ学生をバックアップしています。また、教職課程や司書課程が別途設けられているほか、簿記検定・パソコン関連の資格取得対策の課外講座を開講しており、就職やキャリアアップをめざす学生を支援しています。

短期大学部生の約50%は男子学生です。

短期大学部というと、女子学生が圧倒的に多いというイメージを抱く人が多いようです。しかし、近畿大学短期大学部の場合、約50%を男子が占めており、男女はほぼ同じ比率です。意外と男子が多い理由は、4年制大学への編入学を視野に入れた入学者が多いため。また、時間割の自由度が高く、クラブ活動に力を入れやすいうえ、キャンパスライフは4年制の近畿大学他学部と同じということにひかれて入学した学生も多いようです。

受講時間自由選択制生活スタイルに合わせて、学ぶ時間を自由に選べる

本学では学生のライフスタイルに合わせて時間割を組める「受講時間自由選択制」を導入しています。
講義とクラブ活動・仕事やアルバイトなどを両立できるよう、 講義時間は、月曜日~金曜日3〜5限(13:15-18:15)と5〜7限(16:45-21:35)の時間帯に同一科目を開講しており、その間で自由に選択ができます。

どのタイプでも2年間で卒業可能!

[受講時間]フレキシブルタイプ

編入学に向けて苦手な英語を克服したい。
少人数で人脈もひろがる夜間講義を有効活用。

フレキシブルタイプ

移動時間も効率的に利用し、無駄のないスケジュールに。

松下 青葉さん

1年 松下 青葉さん (大阪府・大阪学芸高校出身)

近畿大学経営学部の編入学をめざしているのですが、英語が苦手なので、積極的に英語の編入学対策を選んで学力アップに努めています。通学に2時間かかるため、昼以降の講義を中心に選択。電車の中で英単語を勉強するなど、移動時間も有効活用しています。週3日の映画館でのアルバイトがない日は、昼から夜までの時間割に。夜間講義は、少人数なので先生や学生との距離も近く、みんなと仲良くなれて、勉強意欲も高まるのでおすすめです。TOEICは編入学や就職活動の際に武器になるので、600点以上取得を目標に頑張っていきたいです。

  • 上記は「学部案内2020」に掲載時の情報です。

[受講時間]フレキシブルタイプ

浪人ではなく短期大学部でしっかり学ぶことで、
充実した毎日を過ごし、学力もUP!

フレキシブルタイプ

朝の時間を利用し、アルバイトをして教材代を稼ぐ。

谷川 航平さん

1年 谷川 航平さん (和歌山県立星林高校出身)

商経科は、マーケティングや経営学総論といった経営関係の講義が多く、他大学の商学部への編入学を志望しているので、とても興味深く学んでいます。高校のテニス部時代の先輩がいるテニスサークルで活動したり、土日や平日の朝にアルバイトをしたりと忙しいですが、学生生活は充実しています。サークル活動がない日は夜間講義を選択したりと自由にスケジュールを組めるのはありがたいです。旅行や空港が好きなので、将来は航空関係の仕事に就けたらと考えています。まずは志望大学への編入学をめざし、時間を有効に使っていきたいです。

  • 上記は「学部案内2020」に掲載時の情報です。

[受講時間]昼間集中タイプ

編入学を目標に入学。4年制大学の施設を
有効活用して、生活環境を整える。

昼間集中タイプ

規則正しい生活をするために昼間~夕方の講義を中心に履修。

藤井 美里さん

1年 藤井 美里さん (兵庫県・第一学院高校 養父本校出身)

4年制大学の経営学部への編入学を志望しているので、そのための学習に力をいれています。英語コミュニケーションコースは、将来話せるようになりたい英語の講義が充実していて、さらに、経営学に関する知識を深めることができる講義も多くラインアップ。4年制に編入学したときに生活リズムが変わらないように、昼間の講義を中心に選択し、自己管理を心がけています。短期大学部でも近畿大学の充実した施設を有効活用できるのがいいですね。学校生活以外でも、興味のあることに関しては、積極的に調べて行動し、情報を自分でつかみにいくようにしています。

  • 上記は「学部案内2020」に掲載時の情報です。

[受講時間]夜間集中タイプ

夜間集中型の時間割と寮生活で
部活動を中心としたライフスタイルに対応。

夜間集中タイプ

少人数で学力別にクラス分けされているので勉強しやすい。

中州 晴陽さん

1年 中州 晴陽さん (福岡県立筑紫高校出身)

3歳から16年間ラグビーをしていて、近畿大学ラグビー部からのスポーツ推薦で入学。3人兄弟のため、学費を減らすためにも短期大学部を選びました。朝~昼はみっちり練習があり、土日も練習&試合があるため、受講は夜が中心。将来は海外の有名選手と会話ができたらと思うので、英語力を伸ばそうと思っています。徒歩15分のところにある寮で生活しているので、時間の無駄もなく、栄養バランスのいい食事もとることができ、部活や勉強に集中できています。ラグビーを続けるために、このまま4年制に編入学志望。部活と勉強を両立させて頑張っていきたいです。

  • 上記は「学部案内2020」に掲載時の情報です。

関連リンク

学費・奨学金

卒業生の進路・就職先

入試制度