特色

近畿大学短期大学部の魅力

短期大学部は東大阪キャンパスにあります。
商学・経営学・経済学を学ぶ商経科です。

入学前の学習から編入学対策まで、
しっかりとサポート。

2年間でビジネスに必要な知識と実務能力を効率的に修得。

短期大学部商経科では、徹底した少人数教育のもとで経営学・商学・経済学の基礎から応用までを体系的に学びます。さらに学びに特色をつけるためにコース制が導入されており、情報管理、秘書、英語コミュニケーションの3つのコースを設けています。これらのコースを選択することにより、実社会で即戦力として役立つスキルを修得できます。また、働きながら学ぶ学生や編入学希望者、スキルアップをめざす社会人など、さまざまな目的を持つ学生を広く受け入れており、一人ひとりのニーズに合わせて学べるよう、独自の教育を実践しています。「昼から夕方」「夕方から夜間」など、受講時間を自由に選択できる時間割システムにより、個々の生活パターンに合わせた履修が可能です。

手厚いサポート体制で、希望する進路をバックアップ。

卒業後の進路は、近畿大学をはじめとする4年制大学への編入学や公務員、民間企業への就職などさまざまです。短期大学部では、希望する進路へ無理なく進むことができるよう、合格から手厚いサポート体制を整備。入学前の「リメディアル教育」や入学後の「基礎学習講座」で学習の基礎を強化するほか、「実践 IT 講座」で ITスキルの向上を図っています。4年制大学への編入学に対しては、「編入学対策講座」を開講するとともに、質問や相談を気軽に受けるなど、学びたい意欲を持つ学生をバックアップしています。また、教職課程や司書課程が別途設けられているほか、簿記検定・パソコン関連の資格取得対策の課外講座を開講しており、就職やキャリアアップをめざす学生を支援しています。

短期大学部生の約50%は男子学生です。

短期大学部というと、女子学生が圧倒的に多いというイメージを抱く人が多いようです。しかし、近畿大学短期大学部の場合、約50%を男子が占めており、男女はほぼ同じ比率です。意外と男子が多い理由は、4年制大学への編入学を視野に入れた入学者が多いため。また、時間割の自由度が高く、クラブ活動に力を入れやすいうえ、キャンパスライフは4年制の近畿大学他学部と同じということにひかれて入学した学生も多いようです。

受講時間自由選択制生活スタイルに合わせて、学ぶ時間を自由に選べる

短期大学部の講義時間は、13時15分~21時35分(3限~7限)の間で自由に選択可能
講義とクラブ活動、仕事やアルバイトなどを両立できるよう、柔軟な時間割システムを導入しています

どのタイプでも2年間で卒業可能!

[受講時間]昼間集中タイプ

昼間に講義を集中させ効率的な時間割に
学力アップとアルバイト&部活を両立

昼間集中タイプ

厚地 絵梨奈 さん

1年 厚地 絵梨奈さん (大阪府立狭山高校出身)

短期大学部には、近畿大学経営学部への編入学をめざす仲間がたくさんいるので心強く、編入学希望者への手厚いサポートがあるので安心です。月~金の昼間(3・4・5限)に集中して講義を入れ、5限までの時間割を組むことで、スケジュールを立てやすく管理しやすくなります。夜は写真部の活動に加え、週4でアルバイトをしているので、ハードですが頑張っています。日頃からスケジュール管理の徹底を意識し、1時間ごとに予定をたてるようにしています。在学中にTOEIC高得点、簿記検定の取得をめざし、まずは編入学を目標に英語力をつけていきたいと思います。

  • 上記は「学部案内2021」に掲載時の情報です。

[受講時間]昼間集中タイプ

人との出会いや、学習環境を大切に
何事にも好奇心を持って取り組む

昼間集中タイプ

寺島 龍成

1年 寺島 龍成 さん (北海道・北海道札幌東陵高校出身)

近畿大学経営学部への編入学を目標に、短期大学部に入学しました。短期大学部では、少人数の講義で質問がしやすいのが魅力。編入学という目標があるので、常に勉強へのモチベーションを保てます。英語が苦手なこともあり単語アプリを利用してコツコツ勉強しています。人と話すことが大好きで、将来は、営業や接客などの職種に就きたいと考えています。中小企業の社長さんの集まりや、外国人との交流会などのイベントに積極的に参加し、たくさんの人と出会い、さまざまな価値観や考え方を学ぶことを心がけています。

  • 上記は「学部案内2021」に掲載時の情報です。

[受講時間]フレキシブルタイプ

興味のある講義を積極的に受講
好きな英語を伸ばすために基礎を見直し中

フレキシブルタイプ

正木 日菜さん

1年 正木 日菜さん (徳島県立城北高校出身)

卒業と同時にさまざまな資格を取得できるところが短期大学部の強みです。しっかり学べば2年間でビジネスの知識と実務能力を身につけることができるので、時間割は、資格取得に必要な科目と専門科目を中心に組み立てました。月曜日と火曜日は講義が遅くまであるので、水曜日をゆったりとしたスケジュールにしてアルバイトと勉強を両立。英語が好きなので、文法・単語を基礎から学びなおし、必修科目以外にも編入学用の講義を選択。TOEICや英検取得に向けての勉強も頑張っています。将来の目標はまだ決まっていませんが、アパレル関係や起業に興味があります。

  • 上記は「学部案内2021」に掲載時の情報です。

[受講時間]フレキシブルタイプ

経営学部編入学を志望
編入学後を想定して朝型の生活リズムに整える

フレキシブルタイプ

寺尾 仁見さん

1年 寺尾 仁見さん (兵庫県立西脇高校出身)

学費を抑えられるため、短期大学部から経営学部への編入学をめざしています。編入学後は朝から講義があるので、それまでに生活リズムを整えていきたいです。1人暮らしをしているので、アルバイトで帰宅時間が遅い日は午前中に家事を終わらせ、夕飯を作り置きするなど工夫をしています。木曜を全休にしてアルバイトの日にすることで月・火・水・金は勉強に集中しやすいようにメリハリをつけた時間割にしました。今後は、簿記2級取得、卒業時には秘書士の資格取得をめざして頑張っていきたいです。

  • 上記は「学部案内2021」に掲載時の情報です。
  • 夜間集中タイプでの受講も可能

関連リンク

学費・奨学金

卒業生の進路・就職先

入試制度