特色

「実学の精神」を重視し、現実社会が直面する課題を研究。

経済学研究科の目的は研究者や専門職の養成にありますが、その特色は設立以来、「実学の精神」を重視した。現実の経済社会が直面する課題の研究にあります。博士前期課程では、理論・計量分析、公共政策・産業、国際経済・歴史の3分野において、系統的な抗議科目の修得をめざします。博士後期課程では、指導教員、関連分野の副指導教員との「複数指導体制」によって、博士学位の取得をめざします。

特色

特色

授与する学位

博士前期課程/修士(経済学)
博士後期課程/博士(経済学)

進路イメージ

経済学の各分野で培った専門能力を生かし、企業の調査・審査部門や行政職の企画部門などで、問題解決型の人材としての活躍が期待できます。また、高等学校教諭専修免許状や税理士資格などの取得をめざし、それらの道に進む修了生もいます。

研究テーマ例

  • 理論経済
  • 経済学史
  • ミクロ経済
  • マクロ経済
  • 金融論
  • 応用計量経済
  • 行動経済
  • 経営情報システム
  • 経営情報
  • 経済地理
  • ゲーム理論
  • 実験経済
  • 空間経済
  • 公共経済
  • 経済政策
  • 財政
  • 地方財政
  • 地域経済
  • 環境経済
  • 社会調査
  • 交通経済
  • 社会保障
  • 金融市場
  • 都市政策
  • アメリカ経済
  • 中国経済
  • 日本経済史
  • 西洋経済史
  • 国際投資

教員一覧