研究科長挨拶

独創的な研究を通して、自発的・実践的な研究者・技術者を養成します。

学研究科は農業生産科学、水産学、応用生命化学、環境管理学、バイオサイエンスの5つの専攻を持ち、食糧生産、環境、健康の3つの柱に関わるユニークで独創的な基礎研究と応用研究を進めています。研究環境も充実しており、近畿大学水産研究所、附属農場、演習林、共同研究棟など、わが国でも有数といえる実験研究施設群が最先端の研究活動を支えています。

産官学連携や企業との共同研究が活発に展開されているのも本研究科の特色であり、これまでに数多くの製品化を実現させる形で研究成果を社会に還元してきました。現在進められている多彩かつダイナミックな研究も、将来地球規模の問題解決につながるものと期待されています。そのために、この地球を取り巻く食、環境、健康の様々な問題に対して斬新な視点で、オンリーワン・ナンバーワンの問題解決型の研究を自発的・実践的に進めて行くことができる、そんな研究者・技術者の育成が我々の責務と考えています。

森山 達哉 TATSUYA MORIYAMA 教授
森山 達哉
TATSUYA MORIYAMA
教授