このページの本文へ移動します。

KINDAI UNIVERSITY

  • 近畿大学ホーム
  • 学部・大学院一覧

教員・研究員紹介(五十音から探す)

や行五十音から探す

五十音 や行の教員及び研究室について紹介します。

  • ※研究室は、2019年度のものです。2020年度は変更になる場合があります。
居住福祉研究室

やまぐち けんたろう
山口 健太郎 教授

建築計画学
ものづくりには利用者のニーズや生活像を捉えることが必要不可欠です。高齢者や障がい者など自らの意思を伝えることが困難な方々の要求を、さまざまな調査方法から汲み取り、これらの人々にとって望ましいモノ・建築・地域のあり方について研究しています。特に高齢者施設では、福祉用具から建築、地域計画まで総合的に研究を行っています。
詳細を見る
機能性有機分子化学研究室

やまぐち よしひろ
山口 仁宏 教授

合成有機化学、機能性分子化学
有機ELの材料になり得る有機発光体の合成をはじめ、有機トランジスタや有機太陽電池などへの応用も含めた広い視野に立って、さまざまな機能をもつ有機化合物の合成研究を行っています。
詳細を見る
放射線安全学研究室

やまにし ひろくに
山西 弘城 教授

環境放射線、被ばく線量評価、保健物理
放射線や放射性同位元素を安全に取り扱うためには、作業者や一般公衆がうける被ばく線量の評価が不可欠です。被ばく線量評価を目的として、放射線場の評価方法(測定とシミュレーションを駆使して)を開発します。この研究は、放射線モニタリング手法の高度化につながります。
詳細を見る
音声言語研究室

やまもと ひろふみ
山本 博史 教授

音声認識、機械翻訳
話す言葉が違う人の間ではうまくコミュニケーションをとることができません。本研究室ではこのようなことばの壁をコンピュータを用いて乗り越える研究を行っています。
詳細を見る
機能光回路研究室

よしだ みのる
吉田 実 教授

光ファイバ工学、レーザー工学、ファイバレーザー
光通信だけではなく、光ファイバーを用いた新型レーザーの開発などを軸に、可能性をもつ光について基礎と応用を研究し、新しい光技術の開拓を進めています。光の未知な現象から発見を楽しめます。
詳細を見る
橋梁工学研究室

よねだ まさひろ
米田 昌弘 教授

橋梁工学、構造工学、振動工学
秒速80mの台風が来ても、マグニチュード8の地震が起こっても、頑張って耐える橋。車が通っても人が歩いても、不快に感じる揺れが生じない橋。そんな橋に関する研究を行っています。
詳細を見る
福祉環境計画学研究室

やなぎはら たかお
柳原 崇男 准教授

交通計画
工学、福祉、心理・認知科学などの多様な視点から、人と社会環境とのかかわりについて研究をします。特に、最近では、障害者の自立生活を支援する設備などの研究開発も行っています。
詳細を見る
生物物理学研究室

やの ようこ
矢野 陽子 准教授

生物物理学、化学物理、構造化学
生体内で複雑な立体構造をとることで機能を発揮する一方、容易に変性して機能を失うタンパク質。その構造変化を、世界最高輝度のX線を使って観測し、立体構造形成のメカニズムに迫ります。
詳細を見る
有機化学研究室

やまぎわ よしろう
山際 由朗 准教授

有機化学、生物活性天然物、全合成
HIV(エイズウイルス)やインフルエンザウイルスの感染・増殖を阻害する化合物や、老化やがんなどに関連して注目されているラジカル(活性酸素など)を分解する化合物の合成方法を開発しています。
詳細を見る
離散数学研究室

やました ともき
山下 登茂紀 准教授

グラフ理論
離散的な構造の多くはグラフとして記述でき、それらを扱うグラフ理論は離散数学の大きな研究分野の一つです。なかでも極値グラフ理論と呼ばれるグラフの部分構造と不変量の関係を研究しています。
詳細を見る
 

やまだ たかひろ
山田 崇裕 准教授

詳細を見る
情報システム工学研究室

ゆもと まさき
湯本 真樹 准教授

知能情報処理、情報システム工学
課題発見・解決策の立案など、人間の知的作業をコンピュータで代替させるため、情報・知的処理技術とシミュレーション・最適化技術などのシステム技術を融合する手法を用いた研究を行っています。
詳細を見る
 

よしだ さとし
吉田 諭史 講師

応用言語学,英語教育学
詳細を見る
フォトニクス工学研究室

よしだ しゅうへい
吉田 周平 講師

光工学、ホログラフィ、情報ストレージ工学
ホログラフィを応用した計測技術、表示技術、可視化技術、情報ストレージ技術についての研究・開発に取り組んでいます。
詳細を見る

このページの先頭へ

MENU閉じる
      訪問者別