このページの本文へ移動します。

KINDAI UNIVERSITY

  • 近畿大学ホーム
  • 学部・大学院一覧

教員・研究員紹介(五十音から探す)

さ行五十音から探す

五十音 さ行の教員及び研究室について紹介します。

  • ※研究室は、2019年度のものです。2020年度は変更になる場合があります。
生物化学研究室

さが よしたか
佐賀 佳央 教授

光生命科学
光合成など、光がかかわる生命現象のメカニズムを分子レベルで解明します。生命化学の進歩に貢献するとともに、エネルギー・環境問題を解決するナノマテリアル開発への応用も期待されています。
詳細を見る
固体力学研究室

さかた せいいちろう
坂田 誠一郎 教授

複合材料力学に関する計算手法の開発、構造最適設計手法の開発
先端材料や新しい構造を用いてより良い製品を作るには?製品の評価・設計改善から加工・生産まで、あらゆる問題を解決するため、新たなシミュレーション技術や手法の開発に取り組んでいます。
詳細を見る
位相幾何学研究室

さくま かずひろ
佐久間 一浩 教授

位相幾何学
微分可能写像の特異点理論を用いて、4次元多様体やさらに高次元の多様体を研究しています。多様体上のジェネリックな写像には、一般に特異点と呼ばれる写像の微分の階数が退化する点が現れますが、余階数の高い特異点を解消する方法を考察しています。
詳細を見る
環境情報科学研究室

さの いたる
佐野 到 教授

エアロゾル、リモートセンシング
エアロゾル情報は、PM2.5に代表される大気汚染情報、気象現象における雲特性の変化、地球温暖化抑制効果の把握などのため注目されています。エアロゾル情報把握のため、地球規模の衛星観測、ローカルな地上計測を含めて、さまざまな角度から研究しています。
詳細を見る
熱エネルギーシステム工学研究室

さわい とおる
澤井 徹 教授

熱流体工学、バイオマス
「持続可能な社会の構築」、この実現を目指して自然界と共生するエネルギーの安定供給を検討しています。バイオエネルギー、省エネルギー技術について研究を進めています。
詳細を見る
環境衛生工学研究室

しまづ はるき
嶋津 治希 教授

環境工学
環境衛生工学研究室では、化学物質の大気、水、生物等の汚染状況や汚染源を調査しています。どの物質が人や生態系に悪影響を及ぼす可能性があるかを考え、適切な化学物質管理システムの構築を目指して研究を進めています。
詳細を見る
高分子科学研究室

すえなが ゆうさく
末永 勇作 教授

錯体化学、高分子合成
合成繊維や樹脂、ゴムなどに用いられる高分子。粒子径が均一に揃った高分子微粒子表面を化学修飾することによって様々な性質を実現できる「機能性高分子微粒子」の合成研究を行っています。
詳細を見る
建築計画研究室

すずき たけし
鈴木 毅 教授

建築計画、環境行動研究
人がある場所にどう居られるかに注目して、これからの地域や都市にどのような建築・施設・場所があるべきか、それらはどのように計画・実現されるべきかについて考察・研究します。
詳細を見る
高分子合成化学研究室

すどう あつし
須藤 篤 教授

高分子化学、有機合成化学
剛直な骨格をもつ新しい高分子を設計し、有機合成の手法を駆使することでそれらを設計どおりに合成、さらに材料としての特性を明らかにする研究を行っています。
詳細を見る
 

さわ やすと
澤 泰人 准教授

翻訳研究、文体論
日本語と英語との翻訳を比較して、ことばに根ざす人の考え方や発想や文化について研究しています。講義では、それぞれの言語にふさわしい発想と的確な表現で発表する技術や方法論を追求していきます。
詳細を見る
マルチメディア理解研究室

しらはま きみあき
白浜 公章 准教授

マルチメディア情報処理、機械学習、データマイニング、センサデータからの行動認識
画像、映像、音声、テキストなど、様々なメディアで表現されたデータに内在する規則性、関係性,異常性等を解析して、物体、動作、シーン、イベントといった意味情報を抽出する研究を行っています。
詳細を見る
電磁気応用研究室

すがはら けんご
菅原 賢悟 准教授

電磁界解析 加速器工学
ケーブル無しで電力を伝送できるワイヤレス給電システムは、携帯機器のみならず、産業機器の分野でも研究開発が進んでいます。電磁界応用技術を用いて、次世代のワイヤレス給電技術を研究しています。
詳細を見る
特殊関数研究室

すずき たかお
鈴木 貴雄 准教授

特殊関数,可積分系
複素領域上の微分方程式、およびその解として定義される特殊関数について研究しています。特殊関数は純粋数学及び応用数学の様々な分野と繫がりのある、とても魅力的な研究対象です。
詳細を見る
環境流体工学研究室

すずき なおや
鈴木 直弥 准教授

環境流体工学、海洋物理学、環境リモートセンシング
海と大気のかかわり合いは、地球環境の変動・変化に関係しています。その基礎的なメカニズムの解明を、実験と数値モデルの両面から行っています。
詳細を見る
材料物性研究室

せぐち やすひろ
瀬口 泰弘 准教授

固体化学、薄膜物性
ナノメートル程度まで小さくした物質は、思いがけない構造や性質を示すことがあります。物理/化学気相堆積法によって生成されるナノ構造体の形態制御やその特徴的性質に関する研究に取り組んでいます。
詳細を見る
分子機能制御研究室

しまもと しげる
島本 茂 講師

構造生物学、熱力学
タンパク質などの生体高分子では、その立体構造に機能発現メカニズムの秘密が隠れています。生体高分子の立体構造を原子レベルで決定し、その情報を基にした活性や機能の制御を目指しています。
詳細を見る
凝縮系物理化学研究室

すずき はる
鈴木 晴 講師

物性物理化学、熱力学
分子集合体の熱力学的な特性や分光学的な特性を調べることで,集合体挙動の多様な姿の解明を目指しています.
詳細を見る
応用無機合成化学研究室

そえじま てつろう
副島 哲朗 講師

無機化学、固体化学、ナノ材料、光触媒
生活の快適性と環境浄化をコンセプトに、ナノテクノロジーを基盤とする、無機化合物の新しい合成法の開発および各種材料に新しい機能を発現させる研究を行っています。
詳細を見る

このページの先頭へ

MENU閉じる
      訪問者別