核磁気共鳴装置
(400 MHz)

Nuclear Magnetic Resonance System (400 MHz)

核磁気共鳴装置

機器名称 核磁気共鳴装置 (400 MHz)
Nuclear Magnetic Resonance System (400 MHz)
メーカー/型式

株式会社JEOL RESONANCE/JNM-AL400

設置場所

東大阪キャンパス 38号館N115

仕様説明 強い磁場の中におかれた原子核はいくつかのエネルギー状態に分かれ、そのエネルギー差に相当する電磁波を照射すると、共鳴現象が起き電磁波が吸収される現象を利用した装置です。この現象は「核磁気共鳴」と呼ばれ、現在、有機化学、物理化学のみならず農学、医学などの生命科学の分野でも応用され、近年病気の診断に役立っている MRI (magnetic resonance imaging/核磁気共鳴画像法)はこの原理を利用した装置です。
この共鳴のエネルギー差は原子の種類ごとに異なり、また同じ原子であっても、原子核の周りの電子の状態により微妙に変化することから、分子中、各々の原子周辺の電子分布や結合状態を推定することができ、分子の構造決定や物性を知る手段として利用されている現象です。
また、核磁気共鳴のエネルギー差は用いた磁場の大きさに比例し、磁場が強いほど感度と分解能が向上するため、当センターには磁場の強さが異なる400 MHz、500 MHz、800 MHz の3機種が設置されており、研究内容により使い分けが可能です。

近畿大学共同利用センターに関するお問い合わせは、以下のメールアドレスにお気軽にお問い合わせください。
各分室でのご利用方法などの質問もお受けいたします。

近畿大学共同利用センター事務室

jrcadm@jrc.kindai.ac.jp