センター概要

センター長挨拶

学問、研究の専門化、高度化の進展とともに。大学における教育・研究においても、それらに必要な設備、機器、装置などの斬新的な整備と効果的な利用の推進は不可欠の要件であります。
 近畿大学共同利用センターは、とくに高額で大型の研究設備の全学的、長期的な整備計画と効果的な共同利用を推進して、広く教育と研究の便宜を図ることを目的として設置され、活動しております。整備に対する文部科学省の助成制度が強化されてきたこともあり、当センターの設備も徐々に整ってきており、東大阪分室(理工学部、薬学部など)、奈良分室(農学部など)、大阪狭山分室(医学部など)、広島分室(工学部など)、九州分室(産業理工学部など)、和歌山分室(生物理工学部など)、それぞれの地区で教育・研究に貢献しております。これらの設備も、できるだけ多くの方に有効に活用していただけなければ、その真価を発揮できません。
 「機器紹介」では、各分室で管理している近畿大学の大型研究設備を、共同利用センターとして紹介することにより、学内外からのご利用の一助になればと、整理したものであります。現在、各分室に設置されております設備を一覧の形でまず表に纏め、次いで、個々の装置の簡単な説明を加え、ご利用を希望される方の資料として活用して戴けることを目的としております。 本センターが、本学における教育・研究の推進に真に役立つために、されにまた広く学内外からのご要望に応えるために、皆様の暖かいご支援とご協力をお願いする次第であります。

組織図

共同利用センター組織図

スタッフ

青木 貴史
TAKASHI AOKI
佐々木 洋
YO SASAKI
丸本 真輔
SHINSUKE MARUMOTO
山根 秀信
HIDENOBU YAMANE
谷岡 睦子
MUTSUKO TANIOKA