DART-TOFMS質量分析計
(DART-MS)

機器名称 DART-TOFMS質量分析計(DART-MS)
Direct Analysis in Real Time Time of Flight Mass Spectrometry
メーカー/型式

日本電子株式会社/JMS-T100LP AccuTOF

設置場所

東大阪キャンパス 38号館N105

仕様説明 DARTは励起状態のヘリウムを吹きつけることでイオン化する手法です。前処理の必要なく溶液だけでなく、固体試料からも直接質量分析を行えます。また、TLCプレートを分析することで、TLCのスポットからの質量分析も可能です。イオン源としてはDARTの他、ESI (Electron Spray Ionization)が使用可能です。

DART(Direct Analysis in Real Time) is an ambient ionization technique to use the activated helium molecules. DART can analyze samples at various states; gases, liquids, solids and the spots on TLC plate with minimal sample preparation. It is also available to analyze samples with ESI (Electrospray ionization) method on the JMS-T100LP.

近畿大学共同利用センターに関するお問い合わせは、以下のメールアドレスにお気軽にお問い合わせください。
各分室でのご利用方法などの質問もお受けいたします。

近畿大学共同利用センター事務室

jrcadm@jrc.kindai.ac.jp