マルチバンドESRシステム(ESR)

Multi-band Electron Spin Resonance Spectrometer

マルチバンドESRシステム(ESR)

機器名称 マルチバンドESRシステム(ESR)
Multi-band Electron Spin Resonance Spectrometer
メーカー/型式

株式会社JEOL RESONANCE/JES-FA200

設置場所

東大阪キャンパス 38号館N108

仕様説明 電磁波X-band(9 GHz帯)以外に、電磁波Q-band (35 GHz帯)での測定が可能です。従来、単一周波数帯の測定のみではスペクトルの分離・解析が困難であった試料系や、高スピン化学種などの複雑な試料系の解析に極めて有効です。更に、時間分解機能を持たせることにより、フラッシュ光照射直後に生成する短寿命ラジカル種の解析が可能となり、生体分野を中心に薬学や農学、医学などへの応用拡大が期待できる装置です。

In addition to the conventional X-band (9 GHz) microwave source, Q-band (35 GHz) microwave source is applicable. By using two different sources, it is extremely effective for analyzing systems with non-resolved spectra or complex systems such as high-spin chemical species. Furthermore, time-resolved ESR function makes it possible to analyze short-lived radical species generated immediately after flash-light irradiation. ESR with these configuration is expected to expand biological applications such as pharmaceutical, agricultural, and medical science.

グラフ

極低温ユニット(ES-CT470)による高感度測定
上図 天然銅タンパク質の77Kでの測定結果
下図 天然銅タンパク質の20Kでの測定結果
金属試料は低温で高感度測定が可能です
ごく微量の金属試料の測定には、液体Heを用いる測定が有用です

High-sensitive ESR detection at very low temperature by using ES-CT470 unit.
ESR signal of natural cupper protein. (Upper) 77K, (Lower) 20K.
Transition metal ions can be measured with high sensitivity at low temperature.
Low temperature measurement by using Liquid-He is useful for detecting small amount of metal ions.

図

ESRによる活性酸素評価
スピントラップ剤やラジカル試薬により、活性酸素をはじめとした低分子性ラジカルの測定が可能です。
対象ラジカルを消去する成分を添加して、ラジカルの消去能を検討することができます。

ESR investigation of reactive oxygen species
Short-lived free radicals including active-oxygen species are effectively detected by the ESR spin-trapping method.
This method is useful for evaluating the scavenging activity of substances against specific free radical.

近畿大学共同利用センターに関するお問い合わせは、以下のメールアドレスにお気軽にお問い合わせください。
各分室でのご利用方法などの質問もお受けいたします。

近畿大学共同利用センター事務室

jrcadm@jrc.kindai.ac.jp