超微量元素測定装置
(ICP-MS)

Inductively Coupled Plasma-Mass Spectrometry

X超微量元素測定装置

機器名称 超微量元素測定装置(ICP-MS)
Inductively Coupled Plasma-Mass Spectrometry
メーカー/型式

株式会社島津製作所/ICPM-8500

設置場所

東大阪キャンパス 38号館N122

仕様説明 ICP-MSは、ICP(誘導結合プラズマ)をイオン源とする質量分析装置です。6000~10000Kのエネルギーを持つプラズマに導入された試料溶液中のほとんどの元素は、高い効率でイオン化されます。インターフェースを通して質量分析計に導入されたイオンは、質量ごとに分離され、二次電子増倍管で検出されることにより、ppt~ppbレベルの極微量分析が行えます。ICP-MSは高感度・多元素同時分析・定性分析が容易・同位体分析が可能などの特徴を有します。

近畿大学共同利用センターに関するお問い合わせは、以下のメールアドレスにお気軽にお問い合わせください。
各分室でのご利用方法などの質問もお受けいたします。

近畿大学共同利用センター事務室

jrcadm@jrc.kindai.ac.jp