セルソータ―

Cell Sorter

セルソータ―

機器名称 セルソータ―
Cell Sorter
メーカー/型式

日本べクトン・ディッキンソン株式会社/BDFACSAria

設置場所

東大阪キャンパス 39号館S701

仕様説明 FACS (Fluorescence Activated Cell Sorting) は、複数の細胞集団の中から特定の細胞を分離する技術です。細胞が発する蛍光シグナル、細胞の大きさや内部構造などのパラメーターをもとに解析対象となる細胞を特定します。本機は励起レーザー5種類を装備しており、多種の蛍光色素を用いた同時解析を高精度に行うことができます。癌細胞、免疫細胞、幹細胞の分離に限らず、さまざまな研究分野で利用することが可能です。

FACS is the technology which separates a specific cell from the hetero genius cell group. Information on the size of the fluorescence pigment and the cell and the inner structure of the cell, and, it's analyzed. This machine can do simultaneous analysis using more than one fluorescence pigment with 5 kinds of excited laser. It's possible to use it by various research fields in addition to the dissociation of the cancer cell, the immune cell and the stem cell.

多彩なCP-MASプローブ

Cuvette flow cell and nozzle
The BD FACSAria SORP analysis performance is comparable to state-of-the-art highly sensitive analyzers.
SORP Ariaセルソーターは高性能な解析装置と同じ分析能力を発揮します。
Sorting Nozzles for a range of particles. A choice of nozzles lets users sort a wide range of particle sizes. Nozzles are available in four sizes: 70, 85, 100, and 130 microns.
ソーティングノズルの種類
細胞サイズに合わせて研究者によるノズル選択が可能です。
ノズルサイズは3つのサイズ70、85、100ミクロンから選択可能です。

近畿大学共同利用センターに関するお問い合わせは、以下のメールアドレスにお気軽にお問い合わせください。
各分室でのご利用方法などの質問もお受けいたします。

近畿大学共同利用センター事務室

jrcadm@jrc.kindai.ac.jp