気象警報・交通ストライキ

暴風警報等が発表された場合及び台風や地震等により交通機関が運行停止となった場合、授業の取扱いについては以下のとおりとする。ただし、居住されている地域の被災により避難指示(緊急)・避難勧告が発表された場合や公共交通機関が運行停止等になり登校できない場合は、欠席による不利益がないよう配慮するので、身の安全を最優先に考え、適切な行動をとること。また、以下の事例以外に特別な事態が生じた場合にも授業の短縮や休講となる場合がある。

1.特別警報又は暴風警報発表の場合

特別警報又は暴風警報が以下のいずれかの地域に発表された場合は次のとおり休講とする。ただし、特別警報が発表された場合は終日休講とする。また、特別警報又は暴風警報が授業時間中に発表された場合は、授業を中止して休講とする。

2.警報発表対象地域

大阪府 大阪市、北大阪(豊中市・池田市・吹田市・高槻市・茨木市・箕面市・摂津市・島本町・豊能町・能勢町)、東部大阪(東大阪市・守口市・枚方市・八尾市・寝屋川市・大東市・柏原市・門真市・四條畷市・交野市)、南河内(富田林市・河内長野市・松原市・羽曳野市・藤井寺市・大阪狭山市・太子町・河南町・千早赤阪村)、泉州(堺市・岸和田市・泉大津市・貝塚市・泉佐野市・和泉市・高石市・泉南市・阪南市・忠岡町・熊取町・田尻町・岬町)

3.警報解除時刻と授業開始時限

解除時刻 授業開始時限
6時00分時点で解除 1時限目から実施
10時00分時点で解除 13:00以降開始の授業から実施
10時00分時点で警報発表中 全時限休講

特別警報が発表された場合、該当地域は数十年に一度しかないような非常に危険な状況にある。自宅や通学中の学生で特別警報が発表された地域にいる場合は、特別警報の種類は問わず、自身の判断により命を守るために最善と思われる行動をとること。ただし、特別警報発表時に大学構内にいる学生は、大学の指示に従って行動すること。
上記2、警報発表対象地域以外に居住の場合、警報解除時刻に沿って公欠を認める。

4.交通機関の運行停止の場合

台風・地震等により以下に該当するいずれかの交通機関が全面的に運行停止となった場合、運行が再開された時刻により次のとおり休講とする。ただし、当該交通機関での事故等による一時的な運行停止は対象とならないので注意すること。

5.対象交通機関

[台風・地震等の災害による運行停止]

(ア) 南海電気鉄道高野線(難波~橋本)が運行停止になった場合

[ストライキによる運行停止]

①南海電気鉄道が運行停止になった場合

6.運転再開時刻と授業開始時限

解除時刻 授業開始時限
6時00分時点で解除 1時限目から実施
10時00分時点で解除 13:00以降開始の授業から実施
10時00分時点で警報発表中 全時限休講

上記5、対象交通機関以外の運行停止により、自分の居住場所から大学に来られない場合、運転再開時刻に沿って公欠を認める。