教員紹介

土屋 孝次

土屋 孝次
教授/副学長
所属 法学部 法律学科
法学研究科
学位 博士(法学)
専門 憲法
ジャンル 法律/国・地方
コメント 裁判官の弾劾裁判、裁判官の倫理問題、アメリカの弾劾裁判。
リサーチマップ https://researchmap.jp/read0194033

研究中のテーマ

議会の現代的機能について研究しています。国政調査権、条約承認権、弾劾権など、行政部、司法部の活動をチェックする議会権限に注目しています。

最近の研究業績

ゼミナール(憲法演習 )

ゼミ(専門演習)は、一言でいうと「恥をかく」時間です。自分で決めたテーマについて報告し、メンバーで議論し合います。教員や学生からの厳しい質問にあって、自分の理解が足りなさや準備不足が明らかになるでしょう。このような失敗は、一度社会に出てしまうと許されることではありませんが、学生時代ではよい経験となります。報告者以外の学生も単なる観客ではなく、予習、質問が義務付けられます。教員である私も含めて、全員が「恥をかく」ことになります。そして、恥をかき切った最終回は、泣けます(泣けない場合は反省し、次回の泣く機会を探す)。

ゼミ活動

学歴/経歴

学歴

  • 近畿大学大学院 法学研究科法律学専攻
  • 近畿大学 法学部
  • 近畿大学大学院 法学研究科法律学専攻

経歴

  • - 現在
    近畿大学 人権問題研究所 教授(兼任)
  • - 現在
    近畿大学 法学部法律学科 教授

  • 近畿大学 法学部政策法学科 准教授

  • 近畿大学 工学部電子情報工学科 助教授(教養・基礎教育部門)

  • 近畿大学 工学部電子情報工学科 専任講師(教養・基礎教育部門)

  • 近畿大学 通信教育部 非常勤講師

所属学協会

  1. 日本公法学会
  2. 日米法学会
  3. 関西アメリカ公法学会

MORE

研究活動情報

研究分野

  • 人文・社会, 公法学, 憲法

研究キーワード

国政調査権, 条約承認権, 弾劾制度, アメリカ議会

論文

  1. 論文:アメリカにおける裁判官忌避制度の憲法的位置付けについての覚書
    土屋 孝次
    廣島法学  42  (1)  1-29  2018年7月  [招待有り]
  2. 書評:合衆国最高裁判所の裁判官忌避制度と憲法
    土屋 孝次
    アメリカ法  2017  (2)  257-263  2018年7月  [査読有り]
  3. 単著:アメリカ連邦議会の憲法解釈―権限行使の限界と司法審査―
    土屋 孝次
    有信堂高文社  2018年3月 

MORE

書籍等出版物

  1. リーガルマインド入門【第2版】 , 土屋 孝次 , 共著 , 有信堂高文社 , 2019年10月
  2. 判例で学ぶ日本国憲法〔第二版〕 , 土屋 孝次 , 共著 , 西村裕三[編]。土屋担当箇所「第14章立法」、「第17章地方自治」。 , 有信堂高文社 , 2016年5月
  3. リーガル・マインド入門 , 土屋 孝次 , 共著 , 有信堂高文社 , 2013年4月

MORE

講演・口頭発表等

  1. 国際人権法学会第24回研究大会「国際人権判例報告」座長 , 土屋 孝次 , 2012年11月
  2. アメリカ議会と裁判官規律 , 土屋 孝次 , 日米法学会2008年総会研究会 , 2008年9月
  3. 議会と裁判官規律制度 , 土屋 孝次 , 第213回広島公法研究会 , 2008年5月

MORE

MISC

  1. 判例研究:裁判官の選挙と利益相反 ―Caperton v. A.T.Massey Coal Co.― , 土屋 孝次 , 別冊ジュリスト『アメリカ法判例百選』 , 213 , 130 , 131 , 2012年12月 , http://www.yuhikaku.co.jp/books/detail/9784641115132
    概要:州の裁判官選挙において多額の政治資金の提供を受けた裁判官が、当該資金提供者を被告とする事件への関与を回避する法的義務があるかどうかについて、アメリカ合衆国憲法のデュープロセス条項との関連で争われた事例。
  2. 判例研究 : 条約破棄手続の合憲性審査が拒否された事例 , 土屋 孝次 , 近畿大学工学部紀要. 人文・社会科学篇 , 34 , 11 , 21 , 2004年12月 , http://ci.nii.ac.jp/naid/110004678168
    概要:大統領が条約を破棄する権限を保持しているか否かが争われた事件。伝統的な上院の条約破棄承認手続きに照らすと、憲法的問題が残ると結論している。 <br />
  3. 書評:大統領の外交政策決定権:H.JEFFERSON POWELL,THE PRESIDENT'S AUTHORITY OVER FOREIGN AFFAIRS , 土屋 孝次 , アメリカ法 , 2003 , 388 , 394 , 2004年1月 , http://www.kichi.j.u-tokyo.ac.jp/mokuji.html
    概要:アメリカ合衆国における外交政策決定権に関して、実務と学説の対立を扱った著書を取り上げ、議会によるチェック機能を重視する立場から批判的に検討したもの。

MORE

競争的資金

  1. 近畿大学, 刊行助成金, アメリカ連邦議会と裁判官規律制度の展開
  2. 〔財〕学術振興野村基金, 研究助成金, アメリカにおける裁判官規律制度の展開と課題
  3. 日本学術振興会, 基盤研究(C), 裁判官規律制度の日米比較研究

教育活動情報

担当経験のある科目

  1. 憲法
  2. 教養日本国憲法
  3. 地方自治法

MORE