教員紹介

SQUIRES Todd

SQUIRES Todd
教授
所属 国際学部 国際学科 グローバル専攻
学位 博士(文学 Ph.D.)
専門 日本中世文学
ジャンル 文化/本と文芸
コメント 日本中世武士文化と軍記物語。
リサーチマップ https://researchmap.jp/llitsa

自己紹介

私の研究範囲は武士の伝説と軍記物語です。特に、男性のあり方の手引きとして幸若舞テキスト内容と戦国時代から江戸初期までのパフォーマンスを考察し、その時代に生きた人々にどのように意味があったかを紹介することを研究の目的とします。乱世の戦国時代にマスキュリニティー(男らしさ)がどのように神話・伝説と国家主義に関係し、どのように幸若舞のパフォーマンスが標準的・覇権的なマスキュリニティーを再現して流布したかを検証しながら、芸能として幸若舞がいかに国づくりに重要な役割を担ったかを考察します。現代の男性と社会にマスキュリニティー未だ英語に翻訳されていない幸若舞のテキストと他の軍記物語を英訳と注釈をしています。中世文学の他にも現代の社会やメディアや教育現場におけるマスキュリニティーに研究しています。

学生へのメッセージ

成長するために自分自身の行ないを熟考し、その前提を再考してみてください。
手にとってほしい書:The Odyssey 、Beowulf、『兵法書』、『平家物語』、Le Morte d’Arthur、The Red Badge of Courage

主要科目

日本文学を英語で読む
英語圏の文学
多様性と世界を理解する観点
東アジア文学
英語の歴史
English for Academic Research
Reading and Writing Skills

ゼミ紹介

In this seminar, students will learn about how to read and interpret literary texts and then apply close reading techniques to write critically about works of literature. In the first semester, we will read various types of literature (poetry, drama and fiction) from a wide range of cultures. Students will be required to read and discuss texts in small groups and write a number of reaction papers. In the second semester, we will studying literary criticism examining its key theories and approaches. Included in this sill be semiotics, deconstruction, modernism and postmodernism, gender analysis, Marxism, and psychoanalysis. In doing so we will read the works of Karl Marx, Sigmund Freud, Jacques Lacan, Theodor Adorno, Walter Benjamin, Jacques Derrida, Michel Foucault, Roland Barthes, Judith Butler among others. These theoretical texts will be supplemented by selected literary texts. Students will be required to write several precis to demonstrate their understanding of the texts and their application to the interpretation of literature. In the third semester, students will begin their research projects which will consist of a close reading of one or more works of literature and critically interpreting the selected literature. The final project for this seminar will be a written paper based upon this research and an oral presentation of their research.

学歴/経歴

学歴

  • 2004年5月 - 2005年8月
    テンプル大学
  • 1993年9月 - 2001年8月
    オハイオ州立大学
  • 1991年9月 - 1993年8月
    ミネソタ大学

研究活動情報

論文

  1. Dehistoricizing Male-Male Sexuality in Japanese TV Epics
    トッド スクワイヤーズ
    Man & Universe  5  (1)  181-187  2019年2月  [査読有り]
  2. (Re)visioning Masculinity in Japanese Historical TV Epics
    トッド スクワイヤーズ
    Man & Universe  4  (1)  2018年2月  [査読有り]
  3. Anxiety and Foreign Language Learning: Toward an Approach from Psychoanalytic Theory
    トッド スクワイヤーズ
    Man & Universe  3  (1)  57-61  2017年2月  [査読有り]

MORE

MISC

  1. 覇権的男性性と外国語学習の欲動 , トッド スクワイヤーズ , 近畿大学教養・外国語教育センター紀要 , 2 , 1 , 2012年
  2. Focalization Strategies and the Ideological Positioning of the Author and Reader in Learner's Narratives of Classroom Activities , トッド スクワイヤーズ , Kinki University English Journal , 6 , 67 , 87 , 2010年
  3. Integrating Effective Vocabulary Learning into Curricular Objectives in University-Level ESP Courses , トッド スクワイヤーズ , Kinki University English Journal , 5 , 31 , 52 , 2010年

MORE