教員紹介

村田 みお

村田 みお
准教授
所属 国際学部 国際学科 東アジア専攻
学位 博士(文学)
専門 中国思想
ジャンル 文化/哲学・思想
コメント 主に中国仏教思想を研究しており、とくに修行や実践的な側面について興味を持っています。
リサーチマップ https://researchmap.jp/mio

自己紹介

中国思想を研究しており、特に六朝隋唐期の仏教思想を専門としています。私は近大文芸学部文化学科の卒業生です。卒業論文の準備を始めた三年次のころから中国に興味を持つようになりました。その後、中国美術の勉強から思想への興味が生まれてきて、現在に至ります。
私が中国思想の研究をする際に用いるのは、いわゆる漢文で書かれた古い文献です。漢字ばかりがずらりと並べられた文章に、調べ物をしながら自分で句読点をつけて読んでいきます。そのような読書を通して、言葉で明瞭に書かれ議論されたことよりも、はっきり言葉にされなかった、本人たちは当たり前だと思っていたような考え方を汲みとることに関心があります。

学生へのメッセージ

大学での学びはとても自由なものです。何をどんな風に学ぶか、どんな問題についてどのように考えるかは、あなた次第です。みなさん自身の興味関心を最大限にのばして、近大での四年間をめいっぱい楽しみ、活き活きした時間を過ごして下さい。近大での四年間が、卒業後に自分自身で充実した人生を切り開いていくための、大切な基礎となるでしょう。多様な立場を想像・理解できる、柔軟で風通しの良い思考ができる大人になりましょう。

主要科目

ビジネス中国語1
中国語会話上級
留学セミナー
ビジネス中国語2
中国語入門(会話)2
日中異文化コミュニケーション
中国語上級(第2外国語)
中国の政治と経済
世界の宗教

ゼミ紹介

私のゼミでは、古代中国の伝統的な思想を基礎として、古代から現在に至るまでの様々な問題について考えていきます。思想や文化の角度から考える目線さえ備えていれば、各人がどんな問題を設定し、どのような材料を使って考えるかは自由です。今まで誰も考えたことのない、あらかじめ決まっている答えのない問題に挑戦してみて下さい。そのような問いかけと思考とは、みなさんの自己表現でもあります。ゼミの仲間たちと一緒に、互いに刺激し合い、視野を広げ、考えを深めていきましょう。

学歴/経歴

学歴

  • 2007年4月 - 2013年3月
    京都大学 文学研究科
  • 2008年9月 - 2010年7月
    南京大学
  • 2005年4月 - 2007年3月
    京都大学 文学研究科
  • 2003年4月 - 2005年3月
    大阪市立大学 文学研究科
  • 1999年4月 - 2003年3月
    近畿大学 文芸学部

経歴

  • 2019年4月 - 現在
    近畿大学 国際学部 准教授
  • 2018年4月 - 2019年3月
    近畿大学 国際学部 講師
  • 2016年4月 - 2018年3月
    近畿大学 国際学部 特任講師
  • 2014年4月 - 2016年3月
    立命館大学 言語教育センター 外国語嘱託講師
  • 2011年4月 - 2013年3月
    京都大学文学研究科 日本学術振興会特別研究員DC2

研究活動情報

研究分野

  • 人文・社会, 中国哲学、印度哲学、仏教学

論文

  1. 『古典禅研究』序論
    賈晋華著, 村田みお訳
    禅文化研究所紀要  33  207-248  2016年3月 
  2. 姚ベン『三教不斉論』執筆の経緯と三教論争における位置づけ――あわせて空海『三教指帰』序文への影響をも論じる
    村田みお
    『最澄・空海将来『三教不斉論』の研究』  209-230  2016年1月 
  3. 地論学派における南北道分裂の「真相」と「虚像」
    聖凱著, 村田みお訳
    佛教學セミナー  99  1-22  2014年6月 

MORE

書籍等出版物

  1. 教えを信じ、教えを笑う (シリーズ実践仏教) , 村田 みお, 石井 公成, 船山 徹 , 第1章 , 臨川書店 , 2020年2月22日
  2. 古典禅研究 , 齋藤 智寛, 村田 みお , 共訳 , 汲古書院 , 2017年11月
  3. 最澄・空海将来『三教不斉論』の研究 , 藤井淳, 池田将則, 倉本尚徳, 村田みお, 柳幹康, 藤井淳 , 共著 , 国書刊行会 , 2016年1月28日

MORE

講演・口頭発表等

  1. 「正書」、「正字」を手がかりとした写本時代の書物作成過程をめぐる一考察 , 村田みお , 第65回日本中国学会 , 2013年10月12日
  2. 姚〓(功+言)『三教不斉論』執筆の動機と論調をめぐって , 村田みお , 日本印度学仏教学会第64回学術大会 , 2013年9月1日
  3. 血経的淵源以及意義 , 村田澪(みお , 清華・京都2011年聯合漢学工作坊「文学・芸術・宗教与物質文化」 , 2011年11月

MORE

受賞

  1. 2014年11月, 一般財団法人橋本循記念会, 第二十四回蘆北賞・論文部門, 「金字経の思想的系譜―中国六朝期から日本平安期まで」「血字経の淵源と意義」