教員紹介

松村 志乃

松村 志乃
講師
所属 国際学部 国際学科 東アジア専攻
学位 博士(学術)
専門 現代中国文学
ジャンル 文化/本と文芸
コメント 中国同時代文学
リサーチマップ https://researchmap.jp/songcunzhinai

学歴/経歴

学歴

  • 2003年4月 - 2011年3月
    東京大学大学院 総合文化研究科
  • 1999年4月 - 2003年3月
    東京大学大学院 総合文化研究科
  • 1995年4月 - 1999年3月
    東京女子大学 現代文化学部

経歴

  • 2020年4月 - 現在
    近畿大学 国際学部
  • 2018年4月 - 2020年3月
    神戸市外国語大学 中国語学科 客員研究員
  • 2015年4月 - 2018年3月
    日本学術研究会特別研究員 神戸大学人文学研究科

研究活動情報

研究分野

  • 人文・社会, 中国文学, 中国当代文学

研究キーワード

女性文学, 中国当代文学, シンガポール華文文学, 王嘯平, 茹志鵑, 王安憶

論文

  1. 最晩年の茹志鵑 : 最後の小説「前へ、前へ」(1991)を読む
    松村 志乃
    現代中国 = Modern China : 研究年報  (92)  107-118  2018年10月  [査読有り]
  2. 王安憶文学における「母親」 : 「知識人の母」と茹志鵑
    松村 志乃
    未名  (34)  65-88  2016年3月 
  3. 王安憶の書く「紅衛兵」 : 『啓蒙時代』(2007)を中心に
    松村 志乃
    野草  (94)  129-147  2014年8月  [査読有り]

MORE

書籍等出版物

  1. 『野草百号記念号』 , 松村 志乃 , 共著 , 「新中国」の親子――文化大革命後の茹志鵑小説」 , 研文出版 , 2018年11月
  2. 王安憶論 : ある上海女性作家の精神史 , 松村 志乃 , 単著 , 中国書店 , 2016年
  3. 現代中国文学短編選 , 桑島 道夫, 原 善 , 共訳 , 董暁磊「それだけのこと」 , 鼎書房 , 2006年

講演・口頭発表等

  1. 「文芸之家中的王嘯平―――従王安憶和茹志鵑的角度出発」 , 松村 志乃 , 日本中国当代文学研究会主催「莫言研究日中研究者東京シンポジウム」 , 2019年4月
  2. 「文化大革命後の中国の農村文学――帝国内部で「帝国」を見る視点として」 , 松村 志乃 , 第五回国際学術ワークショップおよび学術交流「20世紀東アジアにおける帝国と文学」 , 2019年3月29日
  3. 「文学の視点から『繁花』を読む――王安憶文学との比較を中心に」 , 松村 志乃 , 神戸学院大学・神奈川大学「海とみなと」コンソーシアム学術フォーラム「都市・文革・文学――小説『繁花』とその時代」 , 2019年3月17日

MORE

MISC

  1. 翻訳 文珍「夜汽車」 , 松村志乃 , 人民文学雑誌社『新しい中国文学 灯火2018』 , 2018年12月
  2. 濱田麻矢 崩れる塔、萎れる花 : 張愛玲後期作品における愛のかたち (第99号合評) , 松村 志乃 , 野草 , 101 , 148 , 151 , 2018年10月 , http://ci.nii.ac.jp/naid/40021703514
  3. 例会報告の概要(2016.11~2017.7) 7月例会(第309回) 王安憶「髪廊情話」(『上海文学』2003年7月) 「臨淮関」(『上海文学』2004年7月) , 松村 志乃 , 日本中国当代文学研究会会報 , 31 , 73 , 76 , 2017年12月 , http://ci.nii.ac.jp/naid/40021420844

MORE

競争的資金

  1. 日本学術振興会, 研究活動スタート支援, 「現代中国の文芸一家――王嘯平、茹志鵑、王安憶の文学テクストの総合的検討」
  2. 日本学術振興会, 特別研究員特別研究奨励費, 「二世代女性作家の書く中国――王安憶と茹志鵑」
  3. 東京大学, 東京大学学術成果刊行助成制度, 著書『王安憶論』出版

MORE