教員紹介

幸田 直子

幸田 直子
准教授
所属 国際学部 国際学科 グローバル専攻
学位 博士(Ph.D.)(歴史学)
専門 アメリカ外交史
ジャンル 各国事情/アメリカ
コメント アメリカの冷戦外交が、日本やその他の国々の社会に及ぼした影響、また、アメリカの国内の政治・社会的状況がどのようにアメリカの冷戦外交政策に反映したのかを研究しております。
リサーチマップ https://researchmap.jp/nkoda

自己紹介

滋賀県の福井県との県境のあたりで生まれ育ち、中学時代から自分の住む小さな社会の中で呆然と「なんか違う。おかしい。」と思う事がよくありました。高校生の時は、アメリカとオーストラリアで短期留学を経験しました。高校2年生の時に、「アメリカへ行く!」と言ったら、両親に「高校だけは卒業して!」と言われ断念しました。高校卒業後はとにかくこの小さな世界から出たくて、特に目的もなく、スーツケース1つでニューヨークへ飛び立ちました。ニューヨークに到着して間もなく米中枢同時テロが起き、目の前で米国経済の象徴といえるビルが崩れました。「テロ」が何かも分からない状態で、混乱するニューヨークの中で過ごし、感じた事が私の研究の原点だったのではないかと思います。そこから、大学と大学院でアメリカ史とアメリカ外交史を学び、アメリカで10年以上暮らしました。柔軟な感受性と吸収力を持つ10代で得た知識と経験、そして様々な国や地域の人々との出会いは外交史学をやっていく上でとても有益であったと思っています。

学生へのメッセージ

本を読み、講義を聴いて「なるほど。」で終えるのではなく、「それはなぜ?」という疑問を持ってください。得た知識、そして自分の「なんか違う。おかしい。」や「どうしてこうなったの?」と思った経験などから、自分から言いたい事を生み出してください。私自身、みなさんの意見や視点から新しい事を学べることを楽しみにしております。

主要科目

北アメリカの文化と歴史
北アメリカの現代社会事情
多様性と世界を理解する視点
地域研究入門

ゼミ紹介

ゼミ運営方法は、指導教員が課題の文献を簡略的に説明し、その後、学生が内容をまとめ、自分の考えを加えたプレゼンテーションを行う。それに対して、受講生全員でディスカッションを行います。テーマは、グローバル冷戦です。「冷戦」と聞くと、堅いイメージがあるかもしれませんが、冷戦史の文献には、様々なトピックのものがあります。例えば、Ruth Oldenziel, Karin Zachmann編の「Cold War Kitchen」という本は、キッチンに焦点を置いた冷戦の研究です。他にも、ジャズやファッションに焦点を当てた冷戦の研究などもあります。また、「外交」とは、国家間のやり取りだけではなく、人の交流や社会の研究でもあります。ゼミでは、文化、政治、国際関係、そして戦争・紛争など様々な視点から、アメリカ合衆国に限らず、世界史上での広い意味での「グローバル冷戦」について学び、現代の世界についてより理解を深めたいと思います。ゼミで受け入れるテーマは、「1945年後の世界」、「戦後日米関係」と「20世紀アメリカ史・外交史」に関するテーマの研究であれば、指導が可能です。

学歴/経歴

学歴

  • 2009年9月 - 2015年5月
    New York University
  • 2007年4月 - 2009年9月
    同志社大学大学院 博士課程前期 グローバルスタディーズ
  • 米国 Temple University Department of History, B.A.

経歴

  • 2017年4月 - 現在
    関西学院大学 国際学部「日米交流史」担当 非常勤講師
  • 2016年4月 - 現在
    近畿大学 国際学部 講師
  • 2014年6月 - 2014年8月
    New York University – Berlin Campus Dissertation Fellow
  • 2014年1月 - 2014年6月
    City University of New York – Hunter College Department of History Adjunct Lecturer
  • 2008年9月 - 2009年6月
    Stanford University Freeman Spogi Institute for International Studies Visiting Researcher

  • 近畿大学 総合社会学部 非常勤講師

研究活動情報

研究分野

  • 人文・社会, ヨーロッパ史、アメリカ史, アメリカ外交史

研究キーワード

戦後の市民運動, 冷戦史, アメリカ外交史

論文

  1. Challenging the empires from within: the transpacific anti-Vietnam War movement in Japan
    幸田直子
    The Sixties: A Journal of History, Politics and Culture ( Taylor & Francis)  10  (2)  182-164  2017年12月  [査読有り] [招待有り]

書籍等出版物

  1. The US Cold War and the Japanese Student Movement, 1947–1973 , 幸田直子 , 共著 , Routledge , 2018年2月
  2. The Revolution will not be Televised? Media and Protest Movements , 幸田直子 , 共著 , “Guarding the News: The National Guardian and the Anti-Vietnam War Movement,” , New York: Berghahn Books , 2014年2月

講演・口頭発表等

  1. Clashing Concepts of “National Security”: the Sunagawa Struggle and the Beginning of the anti-US-Japan Security Treaty Movement , 幸田直子 , sia-Pacific Studies Seminar at Osaka University , 2016年9月23日
  2. Striking the Empires Within: Transpacific anti-Vietnam War Movement in Japan , Naoko Koda , AAS-IN-ASIA CONFERENCE 2016 ON “ASIA IN MOTION: “Horizons of Hope” , 2016年6月26日
  3. The U.S. Cold War and the Japanese Student Movement, 1948-1968 , 幸田直子 , Revisiting 1968 and the Global Sixties - Part 1 , 2016年3月15日

MORE

MISC

  1. A review , 幸田直子 , Cambridge University Press, Journal of American Studies Reader

受賞

  1. 2006年5月, the National Political Science Honor Society, Pi Sigma Alpha, the National Political Science Honor Society Award,

競争的資金

  1. 日本学術振興会, 平成29年度科学研究費学術研究助成基金助成金 基盤研究(C), 『「1960年代」の再検討:多様性と超域性の観点から 』