経営学科について

理論と実践のバランスがとれた学びで、
実務感覚を身につける

経営学科

M&A(企業の買収や合併)の増加や、企業・雇用形態の多様化、情報化社会の進展など、ビジネスシーンが目まぐるしく変化している現在、企業や人材のマネジメント力、情報管理能力を身につけた人材が求められています。企業が利益を生み出し発展していくためには、どのような組織をつくり、どのような製品やサービスを考案し、人をどう管理すればいいのか。そうした企業のマネジメント理論と実践を学び、経営の実務感覚を身につけるのが経営学科です。人々の協働を生み出し、生かす経営をさまざまな角度から学べるようにカリキュラムを編成し、学界・実務界の精鋭がそろう教授による、企業の現場に即した実学重視の学びを展開しています。

教育方針

実践的な学びの中から、生きた経営感覚を磨く

企業経営コース

企業経営コースでは、実際の企業を題材として企業経営を考察。また、経営者や管理者に必要なリーダーシップやプレゼンテーション能力を高めるための演習を充実させているほか、起業をめざす学生にも役立つ実践カリキュラムを設置しています。

ITビジネスコース

ITビジネスコースでは、情報技術を基盤としたビジネスの企画・運営を実践的に学びます。プログラミング、データベース、システム設計などの基盤技術を体得し、ITビジネス、プロジェクトなどの企画・運営の実践によって生きた経営感覚を磨き、情報化社会のITビジネスを開く力を身につけます。

スポーツマネジメントコース

スポーツマネジメントコースでは、スポーツ科学の基礎的知識を習得し、スポーツ・健康分野のプロフェッショナルとなる上で必要なマネジメントの能力を養います。