カリキュラム

カリキュラムマップ・ツリー

平成28年度入学生用のカリキュラムツリーはこちらのリンクから確認ください。

カリキュラムマップ・ツリー

1年生の時間割例

時限 Mon Tue Wed Thu Fri
1 健康とスポーツの科学 生涯スポーツ1 オーラルイングリッシュ1
2 国際政治学 英語演習1 中国語総合1 英語演習1 日本語文章力養成A
3 基礎ゼミ 現場からの新聞論 いのちの尊厳 語学センターTOEIC講座 情報処理
4 総合社会学概論A
5 社会調査法A

「現代社会」「マスメディア」に特化した専門性とより幅広く、
複合的な知識が身につく学びのシステム。

学びたい科目を学生が自由に選択できる専攻共通科目を設置。
あえて必修科目にしないことで、より幅広く複合的な知識やものの見方・考え方を育成します。
また、各コースの専門発展科目では、将来に活きる専門性の高いカリキュラムを用意しています。

専門
基礎科目
日本語文章力養成A、B/社会調査法A、B/フィールドワークA、B/社会システム論A、B/国際社会学/メディア概論A、B/現場からの放送論/現場からの新聞論/社会学総論A、B/グローバルヒストリー/地理学概論/現代政治概論/経済学概論/国際開発協力論/科学的思考法/時事総論A、B/基礎講読(鑑賞)A、B
専門発展科目I NPO/NGO論/多文化共生論/環境民俗論/地域社会論/現代社会論A、B/社会学史/現代文化論/国際関係論/国際理解教育/文化人類学/情報と社会/ネットワーク論/リスクアセスメント/広告論/広報論/映像制作演習/映像表現論A、B/ジャーナリズム論A、B/出版論/日本語文章力養成C、D/量的解析法/質的分析法/社会統計学A、B/社会調査実習A、B
専門発展科目II 現代社会コース コミュニケーション論/社会ネットワーク分析/ドキュメンタリー制作/地域・コミュニティ開発論/経済と社会/天文学と文明/都市論/国際標準化論
マスメディア
コース
芸術メディア論A、B/メディア・コンテンツ論/映像表現論C、D/マスメディア特講A、B
卒業論文・卒業制作
科目群
演習1A、1B/演習2A、2B/卒業論文・卒業制作
インターンシップ科目 インターンシップI、II、III

※カリキュラムは2018年度のものです。2019年度は変更になる場合があります。

PICK UP

社会システム論A・B

複雑な社会も、その仕組みを知れば理解できる

さまざまな仕組みによって成り立っている社会。そのメカニズムを政治、経済、宗教、法律、教育などの領域ごとに分析します。

メディア概論B

世界のメディアとジャーナリズムの現在・未来を考察

新聞、放送、広告の各業界の第一線で活躍してきた教員が、情報を伝えるメディアの仕組みやジャーナリズムの本質について解説します。

情報と社会

情報学が分かれば、社会の見えない部分も見えてくる

人は情報を通して社会と関わります。社会が持つ問題や課題も、情報学を切り口に考えてみれば、気づかなかった事実に気づきます。

天文学と文明

人間も自然の一部。 天文学は社会学にも 通じている

人類の発展や歴史に大きく影響してきた天文学。その観点から文明が発展した背景や解き明かされていない宇宙の仕組み・謎に迫ります。