教員紹介

丹羽 功

丹羽 功
教授
所属 法学部 法律学科
法学研究科
学位 修士(政治学)
専門 政治過程論
ジャンル 政治/日本政治
コメント 日本の政治(国及び地方)について研究しています。特に知事選挙や国会議員の地元での活動・選挙運動、利益集団の活動などについて論文を書いてきました。
リサーチマップ https://researchmap.jp/niwaisao

研究中のテーマ

現代日本の政治を、選挙・政党・利益集団を中心に研究しています。

最近の研究業績

在外研究等

Visiting fellow, University of Washington,Jackson School of International Studies: 2015-2016
シアトル便り第2弾 2016/2/29(PDF)
シアトル便り 2015/10/28(PDF)

ゼミナール(公共政策論演習 )

演習は政治と政策を題材として行っています。全員で共通のテキストを読んで演習で扱う問題はどのようなものか、についてある程度の共通理解を得た後に、各人の関心のあるテーマを調査・報告してもらうという予定で行います。演習で扱う問題は範囲が広く、こちらからテーマを指定するというのが難しいので、 自分で関心のあるテーマを発見することが必要になります。なお、演習についての説明を見ると「討論」「議論」という語がよく出てきますが、 他の人の報告を漫然と聞いているだけでは発言もできず議論も成立しません。報告を聞いているときもあとで自分が発言するのだという意識を持つことが必要です。

ゼミ活動

学歴/経歴

学歴

  • - 1997年
    京都大学 法学研究科
  • - 1997年
    京都大学 Graduate School, Division of Law
  • - 1989年
    早稲田大学 政治経済学部
  • - 1989年
    早稲田大学 Faculty of Political Economics

所属学協会

  1. 日本公共政策学会
  2. 日本法政学会
  3. 日本政治法律学会

MORE

研究活動情報

研究分野

  • 人文・社会, 政治学

研究キーワード

選挙運動, 利益集団, 地方政治, 政党組織, 日本政治, 政治学, political science

論文

  1. 地方議会における議員定数の動向
    丹羽 功
    近畿大學法學  55  (2)  65-93  2007年9月 
  2. 都道府県知事のキャリアパスの変化
    丹羽 功
    近畿大學法學  55  (1)  25-45  2007年6月 
  3. 利益団体の協力関係と影響力
    丹羽 功
    近畿大学法学  53  (3/4)  2006年3月 

MORE

書籍等出版物

  1. 二〇一四年衆院選「一強多弱」の完成 : 野党はなぜ勝てないのか , 丹羽功 , 第7章 , 第7章 , ミネルヴァ書房 , 2021年1月
  2. ポリティカル・サイエンス入門 , 丹羽功 , 第6章 , 第6章 , 法律文化社 , 2020年9月
  3. よくわかる政治過程論 , 丹羽 功 , 第1部Ⅱ 利益団体 , 第1部Ⅱ 利益団体 , ミネルヴァ書房 , 2018年10月

MORE

講演・口頭発表等

  1. Changing Landscape of Japanese Interest Group Politics: Their Presence in the Upper House Election , 丹羽 功 , NI000240 , 2016年1月7日

MISC

  1. 書評 制度改革と政治的リクルートメント 浅野正彦著『市民社会における制度改革--選挙制度と候補者リクルート』 , 丹羽 功 , レヴァイアサン , 40 , 281 , 283 , 2007年
  2. 戦後政治学における圧力団体研究 (1) , 丹羽 功 , 富山大学紀要. 富大経済論集 , 49 , 2 , 327 , 347 , 2003年11月
  3. 戦後政治学における圧力団体研究 (1) , 丹羽 功 , 富大経済論集 , 49 , 2 , 47 , 67 , 2003年11月
    概要:1950年代の日本の政治学における利益集団についての研究動向を調査し、その研究上の特徴について考察した。

MORE

共同研究・競争的資金等の研究課題

  1. 現代日本の利益集団政治
  2. election campaigning, interest group politics

教育活動情報

担当経験のある科目

  1. 政治史A/B
  2. 政治学
  3. 政治学原論

MORE