教員紹介

福田 健太郎

福田 健太郎
教授
所属 法学部 法律学科
法学研究科
学位 修士(法学)
専門 民法
ジャンル 法律/仕事とくらし
コメント 民事責任の現代的課題について研究しています。特に、不法行為による損害賠償請求権の消滅時効、私人間における差別についてです。
リサーチマップ https://researchmap.jp/fukutakentaro

研究中のテーマ

福島第一原発事故によって引き起こされた損害の賠償をめぐっては、従前の不法行為法理論では対処することが困難な状況が生じています。原子力損害の場面における損害賠償法理論はどのようなものであるべきなのか研究しています。

最近の研究業績

ゼミナール(民法演習 )

ゼミでは受講者が主体となって問題に取り組むことになります。具体的な進め方はそれぞれのゼミで異なりますが、受講者が主体となるという点に違いはありません。私のゼミでは、特定のテーマについて担当班がまず報告し、ポイントを確認した後、フロアの受講者をも交えて議論するという形態をとっていますが、このような形態をとるとどうしてもメンバー全員の十分な準備が必要になります。担当班が準備不足であればそもそも報告が成立しませんし、フロアが準備不足であれば議論ができません。逆に、しっかりと準備をすれば、それだけゼミは充実したものになります。このように、受講者主体の授業では受講者の頑張りが授業の充実度に直結します。アカデミックな雰囲気を味わいたい人はチャレンジしてみるとよいでしょう。

研究活動情報

研究分野

  • 法学, 民事法学

研究キーワード

学校事故, 原子力損害賠償, 民法, 人権条約

論文

  1. 消滅時効法における事実上の障害
    福田健太郎
    近畿大学法学  66  (3=4)  123-160  2019年3月 
  2. 性質上不可分の金銭債務論の行方―改正民法下での共同賃借人の賃料債務―
    福田健太郎
    青森法政論叢  (19)  1-17  2018年8月  [査読有り]
  3. 判例研究 区域外避難者(いわゆる自主避難者)の損害賠償請求[京都地裁平成28.2.18判決]
    福田健太郎
    青森法政論叢  (18)  20-28  2017年8月 

MORE

書籍等出版物

  1. ロードマップ民法1総則〔第2版〕 , 福田健太郎 , 共著 , 第12章、第16章、第17章 , 一学舎 , 2019年4月
  2. 新プリメール民法3債権総論 , 福田健太郎 , 共著 , 2018年5月
  3. 法人保証の場面における主債務者の保護―家賃債務保証を中心に, 大改正時代の民法学 , 福田健太郎 , 共著 , 成文堂 , 2017年12月

MORE