学びの特長

志望する進路に合わせて柔軟に選択できる3コースと4専攻プログラム

法学部では、1・2年次に法律学と政治学の基礎を学び、2年次には自身の興味・関心や将来の進路に応じて、カリキュラムを選択できます。専門分野に特化することで、高い知識と実務能力の習得を目指します。

1年次
  • 憲法A・B
  • 民法(総則)・民法(契約)
  • 刑事法入門
  • 刑法A
  • 行政法入門
  • 政治学原論A・B
2年次
  • 憲法C・D
  • 民法(物権)・民法(債権総論)・民法(親族)
  • 刑法B
  • 刑事訴訟法
  • 民事訴訟法
  • 商法総則・商行為A
  • 会社法A・B
  • 行政法A・B
  • 国際法入門
  • 国際政治学A
  • 行政学A・B
  • 公共政策

学習・進路目標が明確で専門性をより高めたい人は3つのコースから1つを選択

志望する進路の専門性を高められる3つのコース

司法コース

裁判官・検察官・弁護士をめざす学生のためのコース。
法科大学院進学に備え、特別なカリキュラムを履修し、実力を伸ばします。

国際コース

法律・政策の知識を用いて国際社会での活動をめざす学生のためのコース。
「国際」に特化した特別なカリキュラムが組まれています。

行政コース

公務員をめざす学生のためのコース。
国家公務員、地方公務員などの採用試験合格に向けた特別なカリキュラムを履修します。

幅広い知識を習得して進路を考えたい人は専攻プログラムから選択

自分の適性を見極められる、4つの専攻プログラム

専攻プログラム 展開科目群

犯罪・非行と法

犯罪に関する法律に関心を持つ学生や、検察事務官、裁判所事務官、警察官、刑務官などの進路イメージを持った学生に有効なカリキュラムが組まれています。

経済生活と法

経済活動に関連する法律に興味を持つ学生や、一般企業への就職などの進路イメージを持った学生に有効なカリキュラムが組まれています。

会計・税務と法

企業会計に関する法律に興味を持つ学生や、公認会計士、税理士、金融といった進路イメージを持った学生に有効なカリキュラムが組まれています。

まちづくりと法

地域活動に関心を持つ学生や、地方自治体、建設・不動産関連企業への就職などの進路イメージを持った学生に有効カリキュラムが組まれています。

  • カリキュラムは2019年度のものです。2020年度は変更になる場合があります。