研究科長挨拶

法学研究科は、1970(昭和45)年の開設以来、修士課程・博士後期課程を通じて実業界・学界へと人材を輩出して参りました。

現在、法学研究科に学ぶ皆さんもまた、様々な目標を持っています。たとえば、大学における研究者を志す人、税理士や司法書士等の専門職に就こうとする人、公務員や教員になろうとする人など、その目指すところは実に多種多様です。「師と友との自由な対話」を通して、学ぶこと考え続けることの楽しさを味わってください。

現代は大きな社会の転換期に入っています。新たな経済発展と社会的課題の解決を要とするには、AIやビッグデータの活用とともに、法学・政治学の学びとその応用が欠かせません。本研究科において、問題発見・解決の能力やイノベーションに取り組む能力を涵養してもらいたいと思います。また、時代の流れに抗して自らの力で考え抜くことのできる人材の育成も必要であると思っています。

高度なレベルでの少人数教育・対話型授業を通じて、法学・政治学についての幅広い知識を学び、専門研究能力を高めるために、多くの仲間と切磋琢磨してください。いかに社会が変容しようとも、「人に愛される人、信頼される人、尊敬される人」の育成を目指す本学の教育目標が色褪せることはないでしょう。

法学研究科でさらに深く勉強したい、本格的に研究をしてみたい、税理士などの専門職に就きたいという方々をお待ちしています。

研究科長挨拶

林 真貴子
MAKIKO HAYASHI
大学院法学研究科長