在学生の声
(大学院法学研究科)

試験勉強だけでは身につかない、仕事に役立つ学び

近畿大学を卒業後、経理の仕事をしながら税理士試験をめざして通った専門学校で、2年先輩の院生と知り合い、仕事に役立つ学びができると聞き進学。税法などの条文の読み方、過去の判例の調べ方、裁判所の解釈や事例への当てはめ方など、具体的な知識を得られるので大変学びがいがあります。将来は、税理士になって、ここで学んだことをしっかりと生かしていきたいです。

土岐 直人さん

土岐 直人さん
法学研究科 博士前期課程1年(※2018年度当時)
大阪府・大阪学芸高校出身
少人数での深い学びが、税理士への道を拓く

税理士試験の合格をめざして通っていた専門学校の先生から勧められ、進学を決めました。少人数体制なので質問もしやすく、個人の理解度に合わせて指導してくださるので着実にレベルがあがっているのを感じます。税理士として活躍される先生から、現場のケーススタディに沿った話を聞けるのも魅力。何のために必要な知識なのかが明確になるため、身に入りやすいです。

浮田 紗緒里さん

中川 佳奈さん
法学研究科 博士前期課程[1年]
奈良県立高田高校出身