在学生の声
(大学院法学研究科)

試験勉強だけでは身につかない、仕事に役立つ学び

近畿大学を卒業後、経理の仕事をしながら税理士試験をめざして通った専門学校で、2年先輩の院生と知り合い、仕事に役立つ学びができると聞き進学。税法などの条文の読み方、過去の判例の調べ方、裁判所の解釈や事例への当てはめ方など、具体的な知識を得られるので大変学びがいがあります。将来は、税理士になって、ここで学んだことをしっかりと生かしていきたいです。

土岐 直人さん

土岐 直人さん
法学研究科 博士前期課程1年(※2018年度当時)
大阪府・大阪学芸高校出身
大学院生と切磋琢磨し、難関を突破できました

憲法を深く研究したいと思い大学院へ進学しました。10人以下の少人数のゼミ・演習の形式で先生との距離が近く、国家公務員試験の内容まで質問できる環境はありがたかったです。そのおかげもあり国税専門官の試験に合格。法律の適用解釈をする専門職なので大学院で学んだことを役立てていきたいです。周囲に税理士や司法書士など難関をめざす学生が多く、刺激を受けて頑張ることができました。

浮田 紗緒里さん

浮田 紗緒里さん
法学研究科 博士前期課程1年(※2018年度当時)
香川県立高松商業高校出身