教員・研究員紹介

水谷 后宏 (みずたに きみひろ)
講師 博士(工学)
所属学科/情報学科  所属専攻/エレクトロニクス系工学専攻
情報学研究所

膨大な数の端末が流通することで、大量のデータがインターネット上に展開されるようになりました。本研究室では、このような大量の情報を整理し、安定的かつ安全に解析・制御する方法を研究します

専門 大規模情報処理基盤
大規模情報処理手法
ネットワーク・サーバ(仮想化)技術
担当科目(学部) 基礎ゼミ1、基礎ゼミ2、ネットワーク技術II、情報実習2、プログラミング実習1、プログラミング実習2、卒論ゼミナール、卒業研究
担当科目(大学院) 計測・情報システム専門基礎、大規模情報処理システム特論、エレクトロニクス系工学特別研究
主な研究テーマ 膨大な情報を効率的に管理する基盤やネットワークに関する研究
膨大な情報をAIを用いて効率的に解析・処理する手法に関する研究
解析結果に基づくモノの自律制御に関する研究
ネットワーク仮想化技術全般
代表的な研究業績 ・Kimihiro Mizutani "An Extractive Streaming System to Reduce Monitoring Traffic" IEICE Communications Express,  vol. 10(1), pp. 13-17, 2021.



・Kimihiro Mizutani, "Stateless Node Failure Information Propagation Scheme for Stable Overlay Networks," IEEE Access, vol. 9, pp. 88737-88745, 2021.



・Kimihiro Mizutani, "Effective TCP Flow Management Based on Hierarchical Feedback Learning in Complex Data Center Network," Sensors, No. 22, https://doi.org/10.3390/s22020611, 2022.
研究内容・研究成果
researchmap https://researchmap.jp/kimihiro_mizutani/?lang=japanese
所属学協会 電子情報通信学会、日本ソフトウェア科学会、IEEE
学外活動 電子情報通信学会英語論文誌B編集委員
電子情報通信学会関西支部会計幹事
出身大学院 奈良先端科学技術大学院大学(修士,博士)
論文名、取得大学、取得年月 A study of scalable data center management schemes using structured overlay network、奈良先端科学技術大学院大学、2015年9月
主な経歴 2005年-2008年: 同志社大学工学部(大学院への飛び級のため中退)
2008年-2010年: 奈良先端科学技術大学院大学(修士)
2010年-2018年: NTT先端技術総合研究所 研究員(2014年-2015年 博士(工学)取得)
2018年-2019:年 NTT西日本技術革新部 主査
2019年-: 近畿大学理工学部講師
受賞歴 - IEICE Transactions on Communications, Special Invitation for transactions, 2015.
- IEEE International Conference on Communications (ICC’16), Best Paper Award, 2016.
- IEEE International Conference on Global Communications (Globecom’17), Best Paper Award, 2017.
- IEICE-IN研究会 , 情報ネットワーク研究賞 , 2017.
- IEICE-NV研究会 , 優秀公演賞 , 2018.
学生へのアドバイス 広く浅く学ぶことで興味を持てる学問を探し、その学問を深く探求していきましょう。
学生に薦めたい書物 ご冗談でしょう、ファインマンさん〈上・下〉 (岩波現代文庫)

大規模情報処理システム研究室

教員室 E館2階E-220 水谷講師室
内線 5431
メールアドレス mizutani(at)info.kindai.ac.jp
  • 迷惑メールを避けるため(at)を使用しております。メールする場合は@に書き換えてください。
研究室URL https://www.mizlab.net