教育理念

近畿大学学園の建学の精神に基づいた産業理工学部の教育研究の理念と目的は、従来の大学における文科と理科に区別された教育に対する反省から人間主義の工学“HOT(Humanity-OrientedTechnology)”をキーワードに、理工系・芸術系・文系がクロスして創るテクノロジーとコミュニケーションに基づくHOTな教育と研究によって、21世紀が求める文理シナジー的発想を持った専門職業人を育成することを目的にしています。産業理工学部では技術偏重でない21世紀社会で活躍できる自立した専門職業人を育てることを目指して、専門知識を教える充実したカリキュラムはもちろん、人間、社会、環境を重視した実学教育を進めています。
実社会で活躍できる人材となるためには、専門知識ばかりではなく、社会人としての基礎能力もしっかりと身につけておくことも大切です。そのために産業理工学部では教養・基礎教育を行うための教養教育科目として人間性・社会性科目群、国際性・地域性科目群、課題設定・問題解決科目群、スポーツ・表現活動科目群という四つの科目群と外国語科目群を全ての学科で開講しています。四つの科目群では幅広い教養科目の他に社会奉仕実習やインターンシップといった体験型の授業があります。外国語科目群では英語、中国語、フランス語、スぺイン語などのスキルアップのために習熟度別にクラス分けを行い、実践的な教育を行います。
産業理工学部は、21世紀にふさわしい新たな学びの場として人間力を高めるためのきめ細かな教育を提供し、本当に楽しく、充実した学生生活になるような体制を整えています。