教員・研究者紹介

芦田 利文

芦田 利文
教授/教育推進センター長
所属 工学部 化学生命工学科
システム工学研究科
工学部 情報教育センター
学位 博士(工学)
専門 無機系廃棄物のリサイクルプロセス
ジャンル 環境/環境と社会
コメント エネルギー消費の少ない無機材料の新しい製造方法、それを利用した無機系廃棄物の有効利用について研究しています。無機系廃棄物とは、廃泥、燃焼灰、石炭灰、研磨粉などです。
リサーチマップ https://researchmap.jp/leon

高校生の方へ 研究室紹介

廃棄物を分解し新素材へ。効率的なリサイクル方法を探る。

工場の産業廃棄物を有効活用する方法として、もみ殻から得られる化学物質を添加した硬化素材を研究。小規模の工場でもリサイクルを容易にすることが可能。

学歴/経歴

経歴

  • 1989年 - 1990年
    徳島大学 工学部 助手

研究活動情報

研究分野

  • 地球惑星科学, 岩石・鉱物・鉱床学
  • 材料化学, 無機工業材料
  • プロセス・化学工学, 反応工学・プロセスシステム
  • 環境学, 環境材料・リサイクル

研究キーワード

格子定数, 一員鎖, 銅ゲルマン酸塩, 固溶体, 高精度湾曲型位置敏感X線検出器, 結晶構造変態, 逐次測定, 転移・反応速度, ダイアモンドアンビル油圧式高圧

論文

  1. かき殻を原料に用いた硬化体の作成とその特性
    芦田利文,望戸泰祐,岡本沙也,笹村寛人
    50  15-19  2016年12月 
  2. メカノケミカル処理した原料を用いたスピネル生成反応の熱分析
    芦田利文
    近畿大学工学部研究報告  47  1-5  2013年12月 
  3. MnRhP および MnRhAs の圧力誘起構造相転移
    芦田 利文, 江藤徹二郎 他6名
    J. Alloys and Compounds  (307)  96-100  2001年  [査読有り]

MORE

講演・口頭発表等

  1. リートヴェルト法によるスメルターグレイド・アルミナの特性付け , 芦田 利文 , 2003 年日本化学会西日本大会(東広島) , 2003年10月
  2. 遷移アルミナ(γ,χアルミナ)とマグネシアを原料としメカノケミカル処理を利用したスピネルの合成温度の低下と焼結性 , 芦田 利文 , 日本化学会 , 2009年11月

MISC

  1. 水溶液系炭酸ガス化合法によるバテライトの合成 , 松下 功, 浜田 之年, 森賀 俊広, 芦田 利文, 中林 一朗 , 日本セラミックス協会学術論文誌 : Nippon Seramikkusu Kyokai gakujutsu ronbunshi , 104 , 1215 , 1081 , 1084 , 1996年11月1日 , http://ci.nii.ac.jp/naid/110002291405
    概要:The synthesis of vaterite was attempted by carbonation process (Ca(OH)_2+CO_2→CaCO_3+H_2O) in aqueous systems with addition of organic compounds having amino group or carboxyl group such as amine, carboxylic acid salt and amino acid salt. Sodium L-glutamate, sodium L-aspartate and ethylenediamine are effective for crystallization of vaterite from amorphous calcium carbonate (ACC), as an initial product. ACC gradually crystallized to vaterite while releasing the additive and H_2O contained in ACC, under the absence of OH^- species in the liquid phase. The existence of OH^- in the liquid phase prevented strongly the formation of vaterite from ACC.
  2. 石炭灰の前処理が水熱処理ケイ酸カルシウム硬化体の強度に及ぼす影響(<特集>高圧力下の溶液) , 芦田 利文, 中林 一朗, 岡本 照彦, 平島 康 , 材料 , 45 , 3 , 286 , 291 , 1996年3月15日 , http://ci.nii.ac.jp/naid/110002302358
    概要:Calcium silicate briquettes were hydrothermally made from the raw materials of waste coal ash which were activated by pretreating with 0.05 mol/l-HCl solution or 0.1 mol/l-NaOH solution at 80℃ for 4 hours. After curing for 72 hours, the briquette consisted of hydrogarnet, C-S-H, and tobermorite. The briquette made from the pretreated coal ash had lower bending strength and lower bulk density than those made from untreated coal ash. To improve the strength, waste silica containing 85 wt% α-quartz was added with the pretreated coal ash. The pretreatment of coal ash indirectly improved the reactivity of waste silica, since hydrothermal solution easily invaded into the briquette through pore developed by the reaction of coal ash. The briquettes having bending strength of 18.7 MPa and bulk density of 1.42 Mg/m^3 were obtained.
  3. 塩基性炭酸カルシウムの熱分解過程への雰囲気の影響 , 松下 功, 中西 淳一, 河野 敏夫, 関田 寿一, 森賀 俊広, 芦田 利文, 中林 一朗 , 日本セラミックス協会学術論文誌 : Nippon Seramikkusu Kyokai gakujutsu ronbunshi , 103 , 1195 , 240 , 244 , 1995年3月1日 , http://ci.nii.ac.jp/naid/110002291096
    概要:The pyrolysis process of basic calcium carbonate(BCC) in air was studied by TG-DTA and high temperature X-ray diffractometry, and obtained results were compared with our previous results in a flowing N_2 gas. The decomposition of Ca(OH)_2 and calcite was observed at higher temperatures than those in a flowing N_2 gas. An exothermic peak appeared in DTA around 370℃ before the decomposition of Ca(OH)_2. The difference between the results in air and in a flowing N_2 gas was caused by carbonation of intermediate products by a slight amount of CO_2 in air. The carbonation was promoted by H_2O. The exothermic peak around 370℃ was attributed to the crystallization of CaCO_3.

MORE

技術相談