教員・研究者紹介

小川 智弘

小川 智弘
講師
所属 工学部 化学生命工学科
工学部 教育推進センター
次世代基盤技術研究所
学位 博士(理学)
専門 生物学
ジャンル 科学・技術/遺伝子・DNA技術
コメント 肝臓の病気に関心を持ち、その病気の機構や治療法を動物や細胞を使って研究をしています。現在は、近年患者が増加している非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)に関する基礎研究を行っている。
リサーチマップ https://researchmap.jp/read0088739

高校生の方へ 研究室紹介

最先端のバイオテクノロジーを学び、専門性の高い理科教員・技術者を育成する。

細胞や疾患動物を使って肝臓の病気に関する研究を行っている。また、理科教材として有効なアプリケーションの開発や植物の細胞融合などの研究にも取り組んでいる。

学歴/経歴

学歴

  • 2002年4月 - 2006年9月
    広島大学大学院 理学研究科 生物科学専攻博士課程後期
  • 2000年4月 - 2002年3月
    広島大学大学院 理学研究科 生物科学専攻博士課程前期
  • 1996年4月 - 2000年3月
    広島大学 理学部 生物科学科

経歴

  • 2014年4月 - 現在
    近畿大学 工学部 講師
  • 2016年9月 - 2017年8月
    University of Southern California Department of Pathology
  • 2011年4月 - 2014年3月
    近畿大学 工学部 助教
  • 2008年10月 - 2011年3月
    ウイルス肝炎研究財団 リサーチ・レジデント
  • 2006年11月 - 2008年9月
    大阪市立大学 医学研究科 博士研究員
  • 2003年9月 - 2006年10月
    広島大学 原爆放射線医科学研究所 COE研究員

研究活動情報

研究分野

  • 生物科学, 分子生物学
  • 内科系臨床医学, 消化器内科学

研究キーワード

肝臓病学

論文

  1. 教育実習報告会の意義とその効果
    小川 智弘
    近畿大学工学部教職課程年報  2016年8月 
  2. タブレット型コンピューター(iPad)を使用した理科授業の実践とその教育効果の評価
    小川 智弘
    近畿大学工学部教職課程年報  2014年7月 
  3. Changes in sequences of core region, interferon sensitivity-determining region and interferon and ribavirin resistance-determining region of hepatitis C virus genotype 1 during interferon-alpha and ribavirin therapy, and efficacy of retreatment.
    小塚立蔵, 小川 智弘, , 河田則文
    Hepatol Res.  42  (12)  1157-1167  2012年12月 

MORE

講演・口頭発表等

  1. Identification of integrin alpha8 as a specific surface marker for liver mesenchymal cells that negatively regulate maturation of liver progenitor cells in development , 小川智弘, Ingrid Lua, Kinji Asahina , 20th Annual Pathology Conference , 2017年3月
  2. 生物教材とICT教材を併用した理科授業実践の取り組み , 青木洋賢,鈴木厚,白石浩平,加島智子,入潮賢和,小川智弘 , 日本理科教育学会第64回全国大会 , 2016年8月
  3. Propolis components suppresses activated hepatic stellate cell invasion by inhibition of MMP-2 and MMP-9 expression and its activation. , 小川智弘,山田康枝,河田則文 , 18th International Symposium on Cells of the Hepatic Sinusoid(ISCHS) , 2015年11月

MORE

特許

  1. 脂肪組織画像表示装置 , 堀中博道, 小川 智弘, 森川浩安,
  2. 肝線維症の存在及び/又は肝線維症の重症度の判定方法、判定マーカー、判定用キット、肝線維症の治療の効果予測方法、効果予測マーカー、並びに効果予測用キット , 河田則文, 小川 智弘, 榎本大

競争的資金

  1. 科学研究費 若手研究(B), 肝線維化部位に集積する筋線維芽細胞による線維形成の分子機構に関する基礎的研究 , 小川 智弘
  2. 科学研究費 挑戦的萌芽研究, 癌発生におけるサイトグロビン発現間葉系細胞の関与 , 河田 則文
  3. 科学研究費 若手研究(B), 星細胞を標的としたマイクロRNAの強制発現による線維化治療法の開発 , 小川 智弘

MORE

技術相談