教員・研究者紹介

道上 達広

道上 達広
准教授
所属 工学部 機械工学科
工学部 教育推進センター
学位 博士(理学)
専門 惑星科学
ジャンル 科学・技術/天文宇宙
コメント 小惑星探査機「はやぶさ」の画像データの解析、天体衝突を模擬した高速度衝突実験を行っています。最近は、イトカワ粒子の形状の研究や、月、火星の縦穴構造の実験的研究を行っています。
リサーチマップ https://researchmap.jp/read0112427

高校生の方へ 研究室紹介

小惑星探査機「はやぶさ」に貢献、天体衝突を模擬した実験的研究。

小惑星探査機はやぶさの画像データの解析、天体衝突を模擬した高速度衝突実験を行っている。最近はイトカワ粒子の形状、月、火星の縦穴構造の研究を行っている。

研究活動情報

研究分野

  • 地球惑星科学, 固体地球惑星物理学

研究キーワード

惑星科学, 小惑星, レゴリス, 探査機はやぶさ

論文

  1. Influence of petrographic textures on the shapes of impact experiment fine fragments measuring several tens of microns: Comparison with Itokawa regolith particles.
    T. Michikami, T.Kadokawa, A.Tsuchiyama, A.Hagermann, T. Nakano, K. Uesugi, S.Hasegawa
    Icarus  302  109-125  2018年3月  [査読有り]
  2. Detection of Intact Lava Tubes at Marius Hills on the Moon by SELENE (Kaguya) Lunar Radar Sounder.

    T. Kaku, J. Haruyama, W. Miyake, A. Kumamoto, K. Ishiyama, T. Nishibori, K. Yamamoto, Sarah T. Crites, T. Michikami, Y. Yokota, R. Sood, H. J. Melosh, L. Chappaz, and K. C. Howell  44  10155-10161  2017年10月  [査読有り]
  3. Anisotropic Ejection from Active Asteroid P/2010 A2: An Implication of Impact Shattering on an Asteroid.
    Y. Kim, M. Ishiguro, T.Michikami, A. M. Nakamura.
    The Astronomical Journal  153  228-238  2017年4月  [査読有り]

MORE

競争的資金

  1. 共同研究, 小惑星(惑星)の起源、進化に関する研究

技術相談