教員・研究者紹介

片岡 隆之

片岡 隆之
教授/情報学科長
所属 工学部 情報学科
次世代基盤技術研究所
システム工学研究科
学位 博士(工学)
専門 経営情報学
ジャンル 科学・技術/情報技術
コメント 近未来型生産の最適化法を研究しています。具体的には深層学習やベイジアンネットワークを用いて、生産・販売計画の予測精度や社会人基礎力分類モデルの適合度を検証し可視化しています。
リサーチマップ https://researchmap.jp/read0088569

高校生の方へ 研究室紹介

ヒトの勘をAI技術で「見える化」し生産現場の効率化をIoTでバックアップ。

熟練者の勘や経験で行われてきた会社や工場の作業計画を「見える化」し、ネットの“おすすめ機能”に使われるAI技術のベイジアンネットワークで生産性の効率化を支援。

学歴/経歴

学歴

  • 2014年9月 - 2015年8月
    ミュンヘン工科大学(客員研究員)
  • 2000年4月 - 2004年3月
    広島大学 工学研究科
  • 1998年4月 - 1999年3月
    広島大学 工学研究科
  • 1994年4月 - 1995年3月
    広島大学 工学研究科 博士課程前期
  • 1990年4月 - 1994年3月
    広島大学

経歴

  • 2019年10月 - 現在
    近畿大学 工学部 情報学科長
  • 2019年4月 - 現在
    近畿大学 次世代基盤技術研究所 社会連携センター長
  • 2019年4月 - 現在
    近畿大学 工学部 教授
  • 2010年4月 - 2019年3月
    近畿大学工学部 准教授
  • 2011年4月 - 2013年3月
    広島修道大学 非常勤講師(兼務)
  • 2005年4月 - 2010年3月
    近畿大学工学部 講師
  • 1995年4月 - 2005年3月
    通商産業省(現経済産業省)

研究活動情報

研究分野

  • 人文・社会, 教育工学
  • 情報通信, ウェブ情報学、サービス情報学
  • 情報通信, 知能情報学
  • 社会基盤(土木・建築・防災), 安全工学
  • 社会基盤(土木・建築・防災), 社会システム工学

研究キーワード

経営工学, Management Information System

論文

  1. A multi-period mixed integer programming model on reconfigurable manufacturing cells
    Takayuki Kataoka
    Proceedings of 17th Global Conference on Sustainable Manufacturing  1-8  2019年10月  [査読有り]
  2. Strategic Human Resource Management Simulation Considering Work Elements, Skills, Learning and Forgetting
    Takayuki Kataoka, Katsumi Morikawa, Katsuhiko Takahashi
    Proceedings of 25th International Conference on Production Research  2019年8月  [査読有り]
  3. A comprehensive analysis of a mixed integer programming model to minimize the number of operators in labour-intensive manufacturing cells
    Takayuki Kataoka
    Proc. Of 10th Annual European Decision Sciences Conference(EDSI2019)  2019年6月  [査読有り]

MORE

書籍等出版物

  1. SCMハンドブック , 一般社団法人日本ロジスティクスシステム学会 , 分担執筆 , 第12章在庫管理手法,pp.1019-1043 , 共立出版㈱ , 2018年3月
  2. ものづくりに役立つ 経営工学の事典-180の知識- , 公益社団法人日本経営工学会編集 , 分担執筆 , 管理会計(p.420) , 朝倉書店 , 2014年1月
  3. 生産マネジメント概論(戦略編)分担執筆 , 大場允晶ほか , 分担執筆 , 第11章環境問題と生産管理,第4節,pp.242-247/p248 , ㈱文眞堂 , 2010年5月

MORE

講演・口頭発表等

  1. RNNを用いた自動車販売予測モデルの提案と事例研究 , 鶴岡賢紀, 片岡隆之 , 日本経営システム学会 第63回全国研究発表大会予稿集 , 2019年11月9日
  2. グループワークゲームを用いた社会人基礎力向上の学部間比較 , 片岡隆之, 高山智行, 瀬尾誠 , 日本経営システム学会第62回全国研究発表大会予稿集 , 2019年5月25日
  3. ARIMAモデル等を用いた販売計画の精度検証 , 片岡隆之 , 日本経営工学会中国四国支部平成30年度第1回勉強会資料 , 2018年11月23日

MORE

MISC

  1. 常時混流方式と品種別段取時間を考慮したラインセル転換モデル(再録) , 片岡 隆之, 森川克己, 高橋勝彦 , 近畿大学次世代基盤技術研究所 次世代基盤技術研究所報告 , 10 , 2019年10月
  2. 科学研究費助成金報告書(平成30年度) , 片岡 隆之 , 日本学術振興会 , 2019年3月
  3. グループワークゲームを用いた社会人基礎力向上の一評価法(再録) , 片岡 隆之, 高山智行, 谷崎隆士, 瀬尾誠 , 近畿大学次世代基盤技術研究所 次世代基盤技術研究所報告 , 9 , 111 , 116 , 2018年6月

MORE

受賞

  1. 2017年12月, The 18th Asia Pacific Industrial Engineering & Management Systems Conference 2017(APIEMS2017), Best Paper Award, A comprehensive analysis of an operator assignment model on reconfigurable manufacturing cells
  2. 2016年9月, The 13th International Conference on Industrial Management(ICIM2016), Excellent Paper Award, A multi-objective optimization model to minimize temporary workers considering the difficult of tasks
  3. 2000年9月, The 5th China-Japan International Symposium on Industrial Management, Presentation Award, Strategic decision support using activity-based costing and mathematical models in small distribution companies

競争的資金

  1. 一般社団法人営業ひと研究所, 受託研究, 社会人基礎力向上ゲームの効果測定分析
  2. 科学研究費助成事業, 人間とロボットの共創作業を考慮したベイズ学習機能付動的ラインセル混成生産システム
  3. 近畿大学, 学内研究助成金, チョイスゲームを用いた社会人基礎力向上プロセスの数理的評価研究

MORE

技術相談