教員・研究者紹介

白石 浩平

白石 浩平
教授
所属 工学部 化学生命工学科
次世代基盤技術研究所
システム工学研究科
学位 博士(工学)
専門 高分子化学、機能性高分子、生体材料学
ジャンル 科学・技術/遺伝子・DNA技術
コメント 産学官連携によって、目的の細胞を診断、選択的に回収、及び細胞同士を融合させる技術を、温度に応答する表面処理剤と細胞接着基板等、さらに機械装置を用いて開発しています。
リサーチマップ https://researchmap.jp/read0033944

高校生の方へ 研究室紹介

共同開発で、植物100%のプラスチック部品を実現へ。

植物由来の天然ゴムから、石油原料に依存しないプラスチック素材を創出。自動車部品への応用は世界初の試みとして、高い評価を得ている。

学歴/経歴

学歴

  • - 1986年
    大阪市立大学大学院 工学研究科

経歴

  • 2009年4月 - 現在
    近畿大学次世代基盤技術研究所 先端化学生命工学研究センター 教授
  • 1994年1月 - 現在
    Graduate School of Systems Engineering Major in Systems Engineering Professor
  • 1994年1月 - 現在
    近畿大学大学院 システム工学研究科、システム工学専攻 教授
  • 1987年 - 現在
    近畿大学工学部化学生命工学科 教授
  • 1998年8月 - 1999年7月
    ドイツハインリッヒ・ハイネデュッセルドルフ大学 有機化学高分子化学研究室 博士研究員

研究活動情報

研究分野

  • ライフサイエンス, 医用システム
  • ライフサイエンス, 生体材料学
  • ナノテク・材料, 構造材料、機能材料
  • ナノテク・材料, 高分子化学

研究キーワード

生体材料学, 構造・機能材料, 高分子合成

論文

  1. Preparation of a UCST type of thermos-responsive sulfobetaine polymer modified poly(ethylene terephthalate)films by Ar plasma-post polymerization method and recovery of attached HeLa cells on the film by heating with laser irradiation
    白石 浩平
    Langmuir  35  (37)  12229-12235  2019年9月  [査読有り]
  2. Comparison of the neurotoxicities between volatile organic compounds and fragrant comopounds on human neuroblastoma SK-N-SH and primary cultured rat neurons
    山田康枝, 大谷航平, 伊豆英恵, 中村一美, 白石浩平
    Toxicology Reports  2  729  2015年  [査読有り]
  3. 表面開始原子移動ラジカル重合法によるPoly(N-isopropylacrylamide)のガラス基板上への固定化とヒト間葉系幹細胞(hiMSC)の温度刺激はく離
    農宗辰己, 今城明典, 白石浩平
    高分子論文集  72  (6)  354-360  2015年  [査読有り]

MORE

書籍等出版物

  1. 刺激応答性高分子ハンドブック , 白石 浩平他 , 第6節 ポリエチレングリコール(PEG)修飾マイクロアレイ基板を用いるパルスレーザー照射による遺伝子導入 , エヌ・ティー・エス , 2018年12月
  2. セルロースナノファイバーの均一分散と複合化 , 白石 浩平他 , 第9節 メカニカル解繊セルロースナノファイバーの湿式プロセス複合化による天然ゴム(NR)の物性改善 , サイエンス&テクノロジー , 2018年7月
  3. The 2nd International School of advanced plasma technology, Villa Monastero, Varenna, Italy, Biological characterization of nano carbon coating or/and biocompatible polymer grafting commodity materials for implantable medical devices by low temperature pl , 白石 浩平, 杉山 一男 , 共著 , 2004年10月

MORE

講演・口頭発表等

  1. Preparation of Randomcopolymers with poly(acrylamide) having L-Lysine Moiety and 2-(Methacryloyloxy)ethyl Phosphorylcholine and its Effect on Fibrinoltic Activity , 白石 浩平 , THE 16TH PACIFIC POLYMER CONFERENCE , 2019年12月8日
  2. Preparation of Star-shaped L-lysine Acrylamide Polymer and Its Influence on Fibrinolytic Enzyme Reaction. , 白石 浩平 , THE 16TH PACIFIC POLYMER CONFERENCE , 2019年12月8日
  3. 18) L-リジンを側鎖に含むスター型ポリアクリルアミドの調製と線溶活性への影響 , 武部佑紀;沖勇斗;松本和也;白石浩平 , 日本化学会中四国支部大会徳島大会

MORE

MISC

  1. UCST型ノニオン系ポリマーを表面修飾したガラス基板の調製とHeLa細胞の温度刺激はく離 , 今城明典, 伊藤大時, 山田康枝, 白石 浩平 , 近畿大学次世代基盤技術研究所報告 , 6 , 55 , 59 , 2015年10月
  2. UCST型スルホベタイン系ポリマーを表面修飾したガラス基板の調製とHeLa細胞の温度刺激はく離 , 今城明典, 伊藤大時, 白石 浩平 , 近畿大学次世代基盤技術研究所報告 , 48 , 19 , 24 , 2014年6月
  3. 表面開始ATRP法によりLCST型温度応答性高分子を修飾したガラス基板の調製とHeLa細胞の温度刺激はく離 , 今城明典, 伊藤大時, 農宗辰己, 朝井麻奈人, 白石 浩平 , 近畿大学工学部研究報告 , 47 , 7 , 12 , 2013年10月

MORE

受賞

  1. 中国地域産官学コラボレーションセンター, 平成20年度共同研究・技術移転功労賞,
  2. 日刊工業新聞社, 第1回モノづくり連携大賞NEDO賞,

競争的資金

  1. 経済産業省, 戦略的基盤技術高度化支援事業, レーザー光と高速可動ステージの精密制御による高効率細胞融合・自動化装置の開発
  2. 文部科学省, 私立大学戦略研究基盤形成支援事業, 地域連携による次世代自動車技術の研究
  3. 経済産業省, 地域イノベーション創出研究開発事業, 安心安全な再生医療を実現する細胞回収自動化システムの開発

MORE

技術相談