教員・研究者紹介

白石 浩平

白石 浩平
教授
所属 工学部 化学生命工学科
システム工学研究科
次世代基盤技術研究所
学位 博士(工学)
専門 高分子化学、機能性高分子、生体材料学
ジャンル 科学・技術/遺伝子・DNA技術
コメント 産学官連携によって、目的の細胞を診断、選択的に回収、及び細胞同士を融合させる技術を、温度に応答する表面処理剤と細胞接着基板等、さらに機械装置を用いて開発しています。
リサーチマップ https://researchmap.jp/read0033944

高校生の方へ 研究室紹介

共同開発で、植物100%のプラスチック部品を実現へ。

植物由来の天然ゴムから、石油原料に依存しないプラスチック素材を創出。自動車部品への応用は世界初の試みとして、高い評価を得ている。

学歴/経歴

学歴

  • - 1986年
    大阪市立大学大学院 工学研究科

経歴

  • 2009年4月 - 現在
    近畿大学次世代基盤技術研究所 先端化学生命工学研究センター 教授
  • 1994年1月 - 現在
    Graduate School of Systems Engineering Major in Systems Engineering Professor
  • 1994年1月 - 現在
    近畿大学大学院 システム工学研究科、システム工学専攻 教授
  • 1987年 - 現在
    近畿大学工学部化学生命工学科 Faculty of Engineering, Department of Biotechnology and Chemistry 教授
  • 1998年8月 - 1999年7月
    ドイツハインリッヒ・ハイネデュッセルドルフ大学 有機化学高分子化学研究室 博士研究員

研究活動情報

研究分野

  • ライフサイエンス, 医用システム
  • ライフサイエンス, 生体材料学
  • ナノテク・材料, 構造材料、機能材料
  • ナノテク・材料, 高分子化学

研究キーワード

構造・機能材料, 高分子合成, 生体材料学

論文

  1. Different antifouling effects of random and block copolymers comprising 2-methacryloyloxyethyl phosphorylcholine and dodecyl methacrylate
    Chie Kojima; Risa Katayama; Thi Lien Nguyen; Yuto Oki; Ayako Tsujimoto; Shin-ichi Yusa; Kohei Shiraishi; Akikazu Matsumoto
    European Polymer Journal  136  109932-109932  2020年8月  [査読有り]
  2. Characterization of the Hydration Process of Phospholipid-Mimetic Polymers Using Air-Injection-Mediated Liquid Exclusion Methods
    Risa Katayama; Nobuyuki Tanaka; Yusuke Takagi; Kohei Shiraishi; Yo Tanaka; Akikazu Matsumoto; Chie Kojima
    Langmuir  36  (20)  5626-5632  2020年5月26日  [査読有り]
  3. Preparation of a UCST type of thermos-responsive sulfobetaine polymer modified poly(ethylene terephthalate)films by Ar plasma-post polymerization method and recovery of attached HeLa cells on the film by heating with laser irradiation
    白石 浩平
    Langmuir  35  (37)  12229-12235  2019年9月  [査読有り]

MORE

書籍等出版物

  1. 自動車樹脂化の最新動向 , 大庭, 敏之 , p.230-p.240 , p.230-p.240 , シーエムシー出版 , 2020年10月
  2. 刺激応答性高分子ハンドブック , 白石 浩平他 , 第6節 ポリエチレングリコール(PEG)修飾マイクロアレイ基板を用いるパルスレーザー照射による遺伝子導入 , 第6節 ポリエチレングリコール(PEG)修飾マイクロアレイ基板を用いるパルスレーザー照射による遺伝子導入 , エヌ・ティー・エス , 2018年12月
  3. セルロースナノファイバーの均一分散と複合化 , 白石 浩平他 , 第9節 メカニカル解繊セルロースナノファイバーの湿式プロセス複合化による天然ゴム(NR)の物性改善 , 第9節 メカニカル解繊セルロースナノファイバーの湿式プロセス複合化による天然ゴム(NR)の物性改善 , サイエンス&テクノロジー , 2018年7月

MORE

講演・口頭発表等

  1. 超平滑銅箔/低温プラズマ表面処理フッ素樹脂の接着剤レス接合体の調製 , 松本和也; 平尾成隆; 崔源煥; 久武信太朗; 白石浩平; 興倉三好; 永島正嗣 , 第29回 ポリマー材料フォーラム , 2020年11月26日
  2. L-リジンを持つアクリルアミドと各種共重合体調製及び共重合体構造が与える線溶活性への影響 , 白石浩平,沖勇斗,杉本奈美 , 2020年5月29日
  3. スター型ポリマ―が中間水形成と酵素活性に与える影響 , 白石浩平; 武部佑紀; 沖勇斗 , 2020年5月29日

MORE

MISC

  1. UCST型ノニオン系ポリマーを表面修飾したガラス基板の調製とHeLa細胞の温度刺激はく離 , 今城明典; 伊藤大時; 山田康枝; 白石 浩平 , 近畿大学次世代基盤技術研究所報告 , 6 , 55 , 59 , 2015年10月
  2. UCST型スルホベタイン系ポリマーを表面修飾したガラス基板の調製とHeLa細胞の温度刺激はく離 , 今城明典; 伊藤大時; 白石 浩平 , 近畿大学次世代基盤技術研究所報告 , 48 , 19 , 24 , 2014年6月
  3. 表面開始ATRP法によりLCST型温度応答性高分子を修飾したガラス基板の調製とHeLa細胞の温度刺激はく離 , 今城明典; 伊藤大時; 農宗辰己; 朝井麻奈人; 白石 浩平 , 近畿大学工学部研究報告 , 47 , 7 , 12 , 2013年10月

MORE

受賞

  1. 中国地域産官学コラボレーションセンター, 平成20年度共同研究・技術移転功労賞
  2. 日刊工業新聞社, 第1回モノづくり連携大賞NEDO賞

共同研究・競争的資金等の研究課題

  1. 経済産業省, 戦略的基盤技術高度化支援事業, レーザー光と高速可動ステージの精密制御による高効率細胞融合・自動化装置の開発
  2. 文部科学省, 私立大学戦略研究基盤形成支援事業, 地域連携による次世代自動車技術の研究
  3. 経済産業省, 地域イノベーション創出研究開発事業, 安心安全な再生医療を実現する細胞回収自動化システムの開発

MORE

技術相談