教員・研究者紹介

岡田 芳治

岡田 芳治
准教授
所属 工学部 化学生命工学科
システム工学研究科
学位 博士(工学)
専門 有機合成化学
ジャンル 科学・技術/化学
コメント 有機リン化合物を用いた精密有機合成について研究しています。フラボノイドなどの天然有機化合物、医薬、農薬、香粧品などの有機材料が研究の対象です。
リサーチマップ https://researchmap.jp/9535

高校生の方へ 研究室紹介

医薬品や香粧品の開発に貢献する「合成中間体」を研究。

高い生理活性を有する天然有機化合物は極微量のため、安定に供給するには化学合成が重要となる。そのために必要な「合成中間体」の開発を行っている。

学歴/経歴

学歴

  • - 1982年
    九州工業大学 工学部
  • - 1982年
    九州工業大学 Faculty of Engineering

経歴

  • 2013年4月 - 現在
    近畿大学工学部 化学生命工学科 准教授
  • 2007年4月 - 2013年3月
    近畿大学工学部 生物化学工学科 准教授
  • 2003年4月 - 2007年3月
    近畿大学工学部 生物化学工学科 助教授
  • 1995年 - 2003年
    近畿大学工学部 講師 Faculty of Engineering
  • 1993年 - 1995年
    九州工業大学 助手
  • 1993年 - 1995年
    九州工業大学

  • Assistant

研究活動情報

研究分野

  • ナノテク・材料, 有機合成化学
  • ライフサイエンス, 生物有機化学
  • ナノテク・材料, 構造有機化学、物理有機化学

研究キーワード

有機合成, Asymmetric Synthesis

論文

  1. Convenient Synthesis and Physiological Activities of Flavonoids in Coreopsis lanceolata L. Petals and Their Related Compounds
    中坊 大輔; 岡野 友香; 神鳥 尚美; 佐多平 泰成; 片岡 尚弥; 赤松 順平; 岡田 芳治
    Molecules  23  (7)  1671  2018年7月  [査読有り] [招待有り]
  2. 米飯中のオリゴ糖含有量と食味との関係
    横野一歩; 渡邉義之; 高津地志; 藤田明子; 岡田芳治; 野村正人
    美味技術学会誌  15  (2)  15-20  2017年1月  [査読有り]
  3. 炊飯水蒸気中に含まれる香気成分とその抗酸化能
    村上結城; 藤田明子; 渡邉義之; 岡田芳治; 野村正人
    美味技術学会誌  14  (1)  5-10  2015年7月  [査読有り]

MORE

書籍等出版物

  1. リンの辞典 , 岡田 芳治 , 農薬 , 農薬 , 朝倉書店 , 2017年11月

講演・口頭発表等

  1. Brachydin類の合成研究 , 森田麻祐子; 岡田芳治 , 第12回CSJ化学フェスタ2022 , 2022年10月19日
  2. Brachydin BおよびCの合成研究 , 森田麻祐子; 岡田芳治 , 日本化学会第102春季年会 , 2022年3月24日
  3. ブチロラクトン型リグナンの合成研究 , 大塚彩加; 岡田芳治 , 日本化学会第102春季年会 , 2022年3月23日

MORE

MISC

  1. Studies on Cosmetic Whitening Effect and Antibacterial Activities of Dry Persimmon Peel (Diospyros Kaki THUNB.) , OKADA Yoshiharu; FUKAI Satomi; OTSUBO Eiji; NOMURA Masato , 近畿大学工学部研究報告 , 45 , 7 , 15 , 2011年
    概要:[SUMMARY] Persimmon peels (Diospyros Kaki THUNB.) are discarded during the production of dried fruit. The 2-methoxy-4-vinylphenol (8) which is component of persimmon peel had high antioxidant activity on the DPPH (1,1-diphenyl-2-picrylhydrazyl) radical scavenging assay and SOD (superoxide dismutase) assay. And (8) had higher tyrosinase inhibiting activity than that of arbutin using both L-tyrosine and L-DOPA as substrates. In addition, tyrosinase inhibitting activity of synthesized 2-methoxy-4-vinylphenol glycoside (12a) was studied. (12a) had tyrosinase inhibiting activity, suggesting that (12a) has possibilities for ingredient of cosmetics that are possessed of whitening effect. Moreover, for the creation of high value added product, we composed glycoside of (8) and cell toxicity assay with homosapiens origin alveolus epithelium cell strain A549 was carried on toward for these two kinds of compounds. Under high density condition (100 μg/mL), both of the compounds were not found to present toxic liability. Furthermore, we discovered that extracted hexane of dried persimmon include antibacterial activity (B. subtilis NBRC 3972, S. aureus NBRC13276 and E. coli NBRC3972) and ascertained methyl tridecanoate, 9-methyl hexadecenoate, 9-methyl octadecenoate, methyl tetradecanoate as the main components. Consequently we examined these components as the factor of antiseptic effect.
  2. Chemical constituents of YUZU and LIME essential oils and their antioxidative activities , 立花 伸哉; 谷本 真一; 村井 義洋; Watanabe Yoshiyuki; Okada Yoshiharu; Nomura Masato , 近畿大学次世代基盤技術研究所報告 , 2 , 45 , 51 , 2011年
    概要:[Abstract] In this examination, antioxidant activities and whitening effects of yuzu(Citrus junos Sieb.ex Tanaka ) and lime(Citrus aurantifolia S.) essencial oils which are widely used in food flavors were studied. As a result, we found out that 1% to 2% concentration yuzu essencial oil contains equal antioxidant activity to □-tocopherol which is a substance commercially used as antioxidant. Also, from the result of tyrosinase activity inhibition test, an evaluation test on whitening effects, we found out that 1% to 2% concentration lime essencial oil contains higher inhibiting activation than arbutin which is a substance highly used in commercial cosmetics.
  3. 1.アダマンタン骨格を母格とするウレアおよびアミド化合物の合成とその生理活性 , 谷本 真一; 北澤 敏裕; 岡田 芳治; 野村 正人 , 近畿大学工学部研究報告 , 41 , 1 , 9 , 2007年
    概要:Synthesis and physiological activity of urea and amide compounds have been investigated. 2-adamantanone was transformed into 2-aminoadamantane (2). 1-Aminoadamantane (1) and (2) were transformed into urea and amide compounds (1a)〜(2e) by the reaction with carbamyl chlorides (a)〜(d) and o-chlorobenzoic acid (e). The physiological activity such as insecticidal activity, protective activity, and herbicidal activity were examined with these amide and urea compounds (1a)〜(2e). In the herbicidal activity, the compounds (1a), (1b) and (2b) were found effective for weed control in a paddy field (20g/a), and showed particularly strong inhibitory action forward growth of Monochoria vaginalis (M.V.).

MORE

共同研究・競争的資金等の研究課題

  1. リン官能基の特性を利用する有機合成
  2. 光学活性・遷移金属錯体を用いる触媒的不斉合成に関する研究
  3. 不斉ホスフィン配位子の開発

MORE

技術相談