教員・研究者紹介

信木 関

信木 関
教授
所属 工学部 機械工学科
システム工学研究科
次世代基盤技術研究所
学位 博士(工学)
専門 機械材料学
ジャンル 環境/エネルギー
コメント 金属材料(おもに鉄鋼、鋳鉄)の強度、疲労特性といった機械的性質、衝撃特性についての研究、および機械材料の創製プロセス、高機能化、水素吸蔵合金などの新規機能性付与の分野についての研究。
リサーチマップ https://researchmap.jp/read0076817

高校生の方へ 研究室紹介

水素吸蔵合金を中心に、非金属系素材の開発に貢献。

エネルギーを変換できる材料として注目を浴び、燃料電池自動車に応用される水素吸蔵合金。この合金を中心に非金属系材料の特性を研究中。

学歴/経歴

学歴

  • - 2004年
    近畿大学 工学系研究科
  • - 2001年
    近畿大学 工業技術
  • - 1999年
    近畿大学 工学部

経歴

  • 2008年 - 現在
    近畿大学工学部 Faculty of Engineering
  • 2017年9月 - 2018年8月
    -フランス国立科学研究センター(CNRS)・パリ東材料化学研究所(ICMPE)・招聘研究員
  • 2007年9月 - 2008年3月
    -東海大学 工学部 非常勤講師(兼務)
  • 2005年 - 2008年
    -東京大学・先端科学技術研究センター(先端研)協力研究員(兼任)
  • 2005年 - 2008年
    東海大学特定研究員
  • 2004年 - 2005年
    -近畿大学研究員(兼任)
  • 2004年 - 2005年
    近畿大学非常勤講師

研究活動情報

研究分野

  • ナノテク・材料, 構造材料、機能材料
  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学), 材料力学、機械材料

研究キーワード

新機能材料, 破面解析, 破壊靭性, 衝撃破壊, fracture toughness, impact fracture

論文

  1. Ni当量を一定とした低熱膨張球状黒鉛鋳鉄の熱膨張及び引張特性に及ぼす熱処理の効果
    旗手 稔; 青木 隆謙; 信木 関
    鋳造工学 = Journal of Japan Foundry Engineering Society  93  (8)  470-476  2021年8月  [査読有り]
  2. Influences of Process Parameters on the Microstructure and Mechanical Properties of CoCrFeNiTi Based High-Entropy Alloy in a Laser Powder Bed Fusion Process
    Takafumi Ikeda; Makiko Yonehara; Toshi-Taka Ikeshoji; Tohru Nobuki; Minoru Hatate; Kosuke Kuwabara; Yasuhiko Otsubo; Hideki Kyogoku
    CRYSTALS  11  (5)  2021年5月  [査読有り]
  3. フェライト基地球状黒鉛鋳鉄の衝撃特性と破壊靭性
    信木関; 旗手稔; 山田翔平; 宮本諭卓
    鋳造工学  92  (10)  529-536  2020年10月  [査読有り]

MORE

書籍等出版物

  1. 鋳造カレッジ テキスト , 信木 関 , 鋳鉄の材質 , 鋳鉄の材質 , (一社)日本鋳造協会 , 2017年7月
  2. 鉄鋼便覧 第5版 , 信木 関 , 第3巻 材料の組織と特性 2.6節 , 第3巻 材料の組織と特性 2.6節 , (一社)日本鉄鋼協会 , 2014年8月
  3. 新版 鋳鉄の材質 (第3章3節) , 旗手 稔; 信木 関 , (公社)日本鋳造工学会 , 2012年12月

講演・口頭発表等

  1. 高 Si 系球状黒鉛鋳鉄の機械的性質に及ぼす Mn, S及び熱処理の効果 , 青木隆謙; 旗手稔; 信木関 , (公社)日本鋳造工学会 第 6 回鋳鉄研究部会(オンライン) , 2021年9月13日
  2. 鋳鉄のシャルピー衝撃試験について , 信木関; 旗手稔 , (公社)日本鋳造工学会・中国四国支部・第48回研究部会(オンライン) , 2021年7月29日
  3. メカニカルミリングとSPS処理によるTi系合金の創製と水素吸収特性 , 信木関; 旗手稔 , (一社)日本機械学会・中国四国支部 第59期総会・講演会(オンライン:No.03a3) , 2021年3月5日

MORE

MISC

  1. 〈令和元年度活動報告〉3D造形技術研究センター活動報告 , 京極 秀樹; 旗手 稔; 生田 明彦; 池庄司 敏孝; 信木 関; 大森 整 , 近畿大学次世代基盤技術研究所報告 = Annual Report of Fundamental Technology for Next Generation Research Institute, Kindai University , 11 , 27 , 32 , 2020年7月
    概要:1. センター活動
  2. 金属積層造形によるハイエントロピー合金の造形条件の探索とその機械的特性 , 池田 峻史; 池庄司 敏孝; 旗手 稔; 信木 関; 京極 秀樹 , 年次大会 , 2020 , S04111 , 2020年
    概要:<p>Recently, high-entropy alloys have attracted much attention because of their superior properties such as high strength and corrosion resistance. In this study, the optimum fabrication of CoCrFeNiTiMo high-entropy alloy by laser-based powder bed fusion process was investigated. The process map for the effects of the laser power and scan speed on the surface roughness and density of the as-built specimens was constructed to optimize the process parameters of the parts. Also, the mechanical properties of the as-built specimens fabricated at the optimum process parameter derived from the process map were examined. Consequently, the optimum laser power and scan speed can be obtained using the process map for the effects of the laser power and scan speed on the surface roughness and density. The as-built specimen fabricated at the optimum fabrication condition showed a relative density of more than 99.7 %. The tensile strength and elongation of the as-built specimen were around 1150 MPa and more than 20%, respectively. The tensile properties of the as-built specimen obtained in this study are similar to those of the as-built specimen reported by other studies.</p>
  3. 鋳造と摩擦攪拌プロセスを組み合わせた肉盛方法 , 生田 明彦; Gerlich Adrian; 旗手 稔; 信木 関 , 鋳造工学 全国講演大会講演概要集 , 176 , 193 , 195 , 2020年

MORE

産業財産権

  1. Mg−Al系水素吸蔵合金粉末の製造方法、及び当該製造方法により得られたMg−Al系水素吸蔵合金粉末 , 久慈 俊郎, ジャン-クロード, クリヴェロ, 信木 関, 阿部 真丈

受賞

  1. 2021年5月, (公社)日本鋳造工学会, 論文賞
  2. 2015年5月, (公社)日本鋳造工学会, 日下賞
  3. 2005年, (社)日本鋳造工学会 中四国支部奨励賞

共同研究・競争的資金等の研究課題

  1. (公財)古川技術研究財団, 研究助成, メカニカルミリングとマイクロ波加熱を用いた水素吸蔵合金の創製
  2. 東広島市, 大学連携政策課題共同研究事業, ミリング処理とその後塑性加工熱処理を利用した新規合金創製法の開発
  3. (公財)サタケ技術振興財団, 研究助成, 籾殻由来の触媒を添加したアルカリ金属系水素吸蔵合金の開発

MORE

技術相談