教員・研究者紹介

中田 俊司

中田 俊司
教授/電子情報工学科長
所属 工学部 電子情報工学科
システム工学研究科
学位 博士(工学)
専門 電気エネルギー工学
ジャンル 科学・技術/新技術
コメント キャパシタの充放電において、抵抗におけるジュール熱を発生させず、消費エネルギーをゼロとする回路を研究しています。大容量キャパシタやLSIへの応用を、実験により検討しています。
リサーチマップ https://researchmap.jp/shunji-nakata

高校生の方へ 研究室紹介

蓄電から通信まで環境に優しいグリーンな発熱ゼロ回路技術を追求。

MW級のスーパーキャパシタへの高効率蓄電からnW級の通信システムにおける低消費電力回路まで、エネルギー効率の高いシステムを研究している。

学歴/経歴

学歴

  • 1985年4月 - 1987年3月
    東京大学大学院 理学系研究科 物理学専攻 修士課程 Graduate School of Science
  • 1983年4月 - 1985年3月
    東京大学 理学部 物理学科 Faculty of Science
  • 1981年4月 - 1983年3月
    東京大学 教養学部 理科一類 College of Arts and Sciences

経歴

  • 2019年4月 - 現在
    近畿大学 工学部 電子情報工学科 教授 Faculty of Engineering, Department of Electronic Engineering and Computer Science
  • 2013年4月 - 2019年3月
    近畿大学 工学部 電子情報工学科 准教授 Faculty of Engineering, Department of Electronic Engineering and Computer Science
  • 1987年4月 - 2013年3月
    日本電信電話株式会社 研究所

研究活動情報

論文

  1. Investigation of charging efficiency of a lithium ion capacitor during galvanostatic charging method
    Shunji Nakata
    Materials  vol.12  (19)  3191  2019年 
  2. 定電流電源を用いてキャパシタを充電した場合における電気エネルギーおよび充電効率とキャパシタ容量との関係
    中田 俊司
    電子情報通信学会論文誌 C  J101-C  (10)  2018年 
  3. Characteristic of an adiabatic charging reversible circuit with a Lithium ion capacitor as an energy storage device
    Shunji Nakata
    Results in Physics  10  964-966  2018年 

MORE

MISC

  1. エアコンや冷蔵庫の運転に必要な技術 , 中田 俊司 , 近畿大学工学部 読書ガイド , 2017年7月
  2. コンピュータによるエネルギーロスの無いスーパーキャパシタ制御技術 , 中田 俊司 , JST発 材料分野・エネルギー分野 新技術説明会 , 2015年10月
  3. Non-volatile Al2O3 memory using an Al-rich structure as a charge-storing layer (vol 41, pg 721, 2005) , S Nakata; K Saito; M Shimada , ELECTRONICS LETTERS , 42 , 8 , 497 , 497 , 2006年4月

受賞

  1. 2017年12月, 平成29年度電気・情報関連学会中国支部連合大会, 電子情報通信学会中国支部奨励賞
  2. 2017年12月, 平成29年度電気・情報関連学会中国支部連合大会, 電気学会中国支部奨励賞
  3. 2017年12月, 平成29年度電気・情報関連学会中国支部連合大会, 電気学会優秀論文発表賞

共同研究・競争的資金等の研究課題

  1. 公益財団法人中国電力技術研究財団, 試験研究A, セルバランス回路を有する直列リチウムイオンキャパシタモジュール低損失放電回路
  2. 日本学術振興会, 基盤研究(C), デューティ比デジタル制御法によるリチウムイオンキャパシタ蓄電技術
  3. 公益財団法人中国電力技術研究財団, 試験研究A, 段階的デューティ比制御法を用いたスーパーキャパシタ蓄電技術

MORE

技術相談