教員・研究者紹介

中村 一美

中村 一美
講師
所属 工学部 情報学科
システム工学研究科
次世代基盤技術研究所
学位 博士(医学)
専門 生体工学
ジャンル くらし/高齢社会・介護
コメント 生体信号を計測し、ヒトの生理・行動特性について研究しています。とくに最近は自動車における人間工学の研究をしています。大学院博士課程ではリハビリテーション科の医局に所属していました。
リサーチマップ https://researchmap.jp/read0212738

高校生の方へ 研究室紹介

ヒトの認知・行動特性を計測し、ユーザビリティ向上をめざす。

生体信号計測によりヒトの機能評価、ものの使いやすさの評価などを行っている。ヒトの機能を生かし、安心・安全に暮らせるシステム構築をめざす。

研究活動情報

研究分野

  • ライフサイエンス, リハビリテーション科学
  • ライフサイエンス, 生体材料学
  • ライフサイエンス, 生体医工学

研究キーワード

リハビリテーション医学, 生体工学

論文

  1. 合意形成支援システムに関する基礎研究 -合意時の特徴抽出および適切なファシリテーション頻度 -
    中村一美; 荻野晃大
    経営システム  29  (1)  24-30  2019年7月 
  2. Comparison of the neurotoxicities between volatile organic compounds and fragrant organic compounds on human neuroblastoma SK-N-SH cells and primary cultured rat neurons
    Yasue Yamada; Kohei Ohtani; Akinori Imajo; Hanae Izu; Hitomi Nakamura; Kohei Shiraishi
    Toxicology Reports  2  729-736  2015年1月1日  [査読有り]
  3. グラデーションパターンがなぞり動作の精度に与える影響
    米原 牧子; 樹野 淳也; 中村 一美; 竹原 伸; 藤井隆志; 福本知輝
    人間工学  49  (6)  279-288  2013年12月15日 

MORE

講演・口頭発表等

  1. 芳香成分がマウスの運動/記憶機能におよぼす影響 ― α-ピネンおよびリモネンの加齢に対する効果 ― , 中村一美; 小川航平; 山田康枝 , 生命ソフトウェア・感性工房 合同シンポジウム2019 , 2019年11月23日
  2. ドライバの心理・生理状態の推定―心拍間隔と疲労/覚醒度の関係― , 中村一美; 岡信翔太; 曽根拓矢; 樹野淳也; 米田智史; 横山博志 , Journal of the Japanese Council of Traffic Science , 2018年6月14日
  3. 1E2-3 冬季暖房時における外気温と快適性の関係 , 中村 一美; 濱田 勇輝; 岡田 悠吾; 樹野 淳也; 竹原 伸 , 人間工学 , 2018年

MORE

MISC

  1. 〈平成29年度活動報告〉サービス工学研究センター活動報告 , 谷﨑 隆士; 片岡 隆之; 柴田 瑞穂; 中村 一美 , 近畿大学次世代基盤技術研究所報告 = Annual Report of Fundamental Technology for Next Generation Research Institute, Kindai University , 9 , 47 , 51 , 2018年7月
    概要:1. センター活動
  2. 〈平成28年度活動報告〉サービス工学研究センター活動報告 , 谷﨑 隆士; 片岡 隆之; 中村 一美; 柴田 瑞穂 , 近畿大学次世代基盤技術研究所報告 = Annual Report of Fundamental Technology for Next Generation Research Institute, Kindai University , 8 , 46 , 50 , 2017年6月
    概要:1. センター活動
  3. タッチパネルのマルチモーダル化が操作性へ与える影響 , 樹野 淳也; 米原 牧子; 中村 一美; 竹原 伸; 藤井 隆志 , 近畿大学次世代基盤技術研究所報告 , 5 , 55 , 62 , 2014年6月
    概要:The objectives of this paper are to investigate the effects of auditory feedback and tactile feedback on usability of touch panel and to find out the improving mechanism of touch panel usability. Four kinds of stimulus conditions are prepared with the absence or presence of auditory feedback and vibration feedback. In experiments, subjects are given phone number task under the stimulus conditions. In order to evaluate the usability, task duration is measured by using timer counter function in the touch panels, and eye-fixation duration is measured with an eye tracking system. From the experimental results of 24 subjects, it was found that not only the task duration but also the fixation duration on the touch panel are influenced by the stimulus conditions. Accordingly, the reason why the task duration under the condition with auditory feedback or vibration feedback becomes shorter seems to depend on the fixation duration on the touch panel. Since it is well known that auditory reaction time and tactile reaction time are faster than visual reaction time, it was guessed that subjects could more quickly judge the completion of phone number input by using auditory and tactile senses.

MORE

共同研究・競争的資金等の研究課題

  1. 日本学術振興会, 科学研究費 基盤研究(C)(一般), 温冷感/快適感および乗員属性を考慮した自動車空調システムに関する研究
  2. 独立行政法人科学技術振興機構, ヒトの温冷感覚特性を考慮した自動車空調システムの開発

技術相談