教員・研究者紹介

北岡 賢

北岡 賢
准教授
所属 工学部 化学生命工学科
システム工学研究科
次世代基盤技術研究所
学位 博士(工学)
専門 有機化学
ジャンル 科学・技術/化学
コメント イオン液体に関する研究をしています。特に、有機合成への応用についてです。有機合成に関する反応や有害な薬品に関してコメント可能です。
リサーチマップ https://researchmap.jp/read0209332

高校生の方へ 研究室紹介

燃えない、蒸発しないグリーン溶媒を開発し、環境に優しい化学を探求

安全で環境に優しい溶媒“イオン液体”に着目し、新機能を付与したイオン液体を創出している。これを利用し、サステイナブル社会を実現するグリーンな有機合成法の創出をめざす。

学歴/経歴

学歴

  • - 2005年
    大分大学 工学研究科
  • - 2005年
    大分大学 Graduate School, Division of Engineering

経歴

  • 2020年4月 - 現在
    近畿大学 次世代基盤技術研究所 准教授(兼任)
  • 2020年4月 - 現在
    近畿大学 工学部 化学生命工学科 准教授
  • 2016年4月 - 2020年3月
    近畿大学次世代基盤研究所 講師(兼任)
  • 2015年4月 - 2020年3月
    近畿大学工学部化学生命工学科 Faculty of Engineering, Department of Biotechnology and Chemistry 講師
  • 2013年4月 - 2015年3月
    近畿大学工学部化学生命工学科 Faculty of Engineering, Department of Biotechnology and Chemistry 助教
  • 2012年4月 - 2013年3月
    近畿大学工学部生物化学工学科 Faculty of Engineering 助教
  • 2006年1月 - 2012年3月
    大分大学工学部応用化学科 博士研究員

研究活動情報

研究分野

  • ナノテク・材料, グリーンサステイナブルケミストリー、環境化学
  • ナノテク・材料, 機能物性化学
  • ナノテク・材料, 有機合成化学
  • ライフサイエンス, 生物有機化学
  • ナノテク・材料, 構造有機化学、物理有機化学

研究キーワード

深共晶溶媒, グリーンケミストリー, ポルフィリン, イオン液体, Porphyrin, Ionic Liquid

論文

  1. Constructing Double Helical DNA Supramolecule in Ionic Liquids
    Kaoru Nobuoka; Ayumi Nakamura; Kensuke Sumi; Hiroko Tajima-Iio; Satoshi Kitaoka
    Trans. Mat. Res. Soc. Japan  45  (6)  191-196  2020年12月1日  [査読有り]
  2. Eco-friendly and Effective Tetraphenylporpyrin Metalation Utilizing Ionic Liquids
    Satoshi Kitaoka; Tetsuro Hori; Kaoru Nobuoka
    Trans. Mat. Res. Soc. Japan  45  (4)  109-113  2020年8月1日  [査読有り]
  3. Metal Ion-Responsive Gelation in Nicotine Based Ionic Liquid
    K. Nobuoka; S. Kitaoka
    Trans. Mat. Res. Soc. Japan.  44  (3)  95-99  2019年6月  [査読有り]

MORE

書籍等出版物

  1. 電気泳動法によるセシウム汚染土壌の再生技術 , 井原辰彦; 北岡 賢; 田中尚道; 山西弘城; 伊藤哲夫; 野間 宏 , (株)エヌ・ティー・エス , 2015年2月

講演・口頭発表等

  1. グリコールリンカーを導入した5−アミノチアゾール型蛍光イオン液体の合成および光特性 , 大賀 隆寛; 北岡 賢; 石川 雄一; 信岡 かおる , 日本化学会第101春季年会(2021) , 2021年3月
  2. 酸性深共晶溶媒を反応溶媒としたテトラフェニルポルフィリン合成法の開発 , 本廣 真穂; 信岡 かおる; 北岡 賢 , 日本化学会第101春季年会(2021) , 2021年3月
  3. チアゾリウム型イオン液体触媒の不斉マイケル付加反応における基質選択メカニズムの解明 , 木村 駿介; 北岡 賢; 石川 雄一; 信岡 かおる , 日本化学会第101春季年会(2021) , 2021年3月

MORE

MISC

  1. 「アレルギーの臨床」に寄せる―695―ゆず果皮親油性成分の抗アレルギー能とゆず果皮を活用した健康食品の商品化―その2 , 石川雄一; 矢野亮太; 宮島詩織; 北岡賢; 信岡かおる; 市瀬孝道; 吉田成一; 定金香里; 長谷部建美 , 月刊アレルギーの臨床 , 457 , 477 , 483 , 2014年5月20日
  2. 置換基導入がアゾール型イオン液体の粘度に及ぼす影響 , 北岡 賢; 藤本 泰徳; 西中 信之祐 , 近畿大学工学部研究報告 , 48 , 25 , 31 , 2014年
    概要:[Abstract] We investigated the substituent effects on the viscosity of azole based ionic liquids. Introducing some electro withdrawing groups to the azole anion and some electron donating groups to the azole cation decreased the viscosity of ionic liquids. In these substituent effects to azole anion and azole cation, the anion and cation charge are delocalized over substituent groups. The decrease in the anion and cation charge density weakens the cation-anion interaction of ionic liquids. As a result, the viscosity of ionic liquids becomes lower. The present method of delocalizing anion and cation charges in azole-based ionic liquids by means of substitutions may be applicable to other ionic liquids to reduce their viscosity, thus making them promising reactive media and electrolytes.
  3. 高圧を利用したイオン液体の溶媒和解明 , 石川雄一; 北岡 賢; 大賀恭 信岡かおる; 新名主輝男 , 物質・デバイス領域共同研究拠点 研究成果報告書 , 371 , 372 , 2011年

MORE

産業財産権

  1. イオン性化合物および電解液材料

共同研究・競争的資金等の研究課題

  1. 日本学術振興会, 科学研究費補助金 基盤研究(C), 生体物質が切り拓くイオン液体研究のパラダイムシフト-高機能性食品へ-
  2. 公益社団法人古川技術振興財団, 研究助成金, フレキシブルエレクトロ材料を志向したイオン液体を鍵とする次世代液体蛍光材料の創生
  3. 日本学術振興会, 科学研究費補助金 基盤研究(C), イオン液体が切り開くポルフィリン反応場のフロンティア

MORE

技術相談