教員・研究者紹介

木村 有寿

木村 有寿
准教授
所属 工学部 情報学科
システム工学研究科
学位 博士(工学)
専門 応用情報システム
ジャンル 科学・技術/情報技術
コメント 企業等で主につかわれている情報システムについて。
リサーチマップ https://researchmap.jp/read0058346

高校生の方へ 研究室紹介

売り手と買い手の双方が利益を得られる情報システムを開発。

新たなビジネスモデルと分析用アルゴリズムを提案し、取引を行う者が互いに利益を得られる仕組みを実現する情報システムの開発を行っている。

学歴/経歴

学歴

  • - 1997年
    大阪府立大学 工学研究科
  • - 1997年
    大阪府立大学 Graduate School, Division of Engineering
  • - 1992年
    大阪府立大学 工学部
  • - 1992年
    大阪府立大学 Faculty of Engineering

経歴

  • 2013年4月 - 現在
    近畿大学 工学部 情報学科 准教授
  • 2009年4月 - 2013年3月
    近畿大学 工学部 情報システム工学科 准教授
  • 2002年4月 - 2009年3月
    近畿大学 工学部 情報システム工学科 講師
  • 2000年4月 - 2002年3月
    近畿大学 工学部 経営システム工学科 講師
  • 1998年4月 - 2000年3月
    近畿大学 工学部 経営システム工学科 助手
  • 1998年 - 2000年
    Kinki University, Research Assistant
  • 2000年
    - Kinki University, Assitant Professor
  • 1997年 - 1998年
    大阪府立大学 共同研究員
  • 1997年 - 1998年
    大阪府立大学

研究活動情報

研究分野

  • 社会基盤(土木・建築・防災), 安全工学
  • 社会基盤(土木・建築・防災), 社会システム工学
  • 情報通信, 知能情報学
  • 情報通信, ヒューマンインタフェース、インタラクション
  • 情報通信, データベース

研究キーワード

需要予測, 電子商取引, 経営情報システム, Demand Forecasting, Electronic Commerce, Management Information Systems

論文

  1. A MULTI-PURPOSE DESIGN METHOD FOR FLEXIBLE MIXED-PRODUCT LINES
    木村 有寿
    The 3rd International Multi-Conference on Complexity, Informatics and Cybernetics Proceedings  242-246  2012年3月 
  2. A DESIGN METHOD FOR FLEXIBLE MIXED-PRODUCT LINES AVAILABLE IN VARIOUS CONDITIONS
    Aritoshi Kimura; Tatsuo Matsutomi; Takashi Ohtani
    ICIM2012: PROCEEDINGS OF THE ELEVENTH INTERNATIONAL CONFERENCE ON INDUSTRIAL MANAGEMENT  109-114  2012年 
  3. A Design Method To Extend Stations To The Existing Flexible Mixed-Product Line
    木村 有寿; 松冨 達夫; 大谷 崇
    International Journal of Business Research  10  (4)  45-51  2010年10月 

MORE

書籍等出版物

  1. A Generalized Integrated Economic Model for Inventory and Quality Control Problems(共著) , 「INTEGRATED MODELS IN PRODUCTION PLANNING, INVENTORY, QUALITY, AND MAINTENANCE」 ; Kluwer Academic Publishers , 2001年
  2. A Generalized Integrated Economic Model for Inventory and Quality Control Problems(共著) , 「INTEGRATED MODELS IN PRODUCTION PLANNING, INVENTORY, QUALITY, AND MAINTENANCE」 ; Kluwer Academic Publishers , 2001年

講演・口頭発表等

  1. 製造現場におけるデータ活用 , 木村 有寿 , Innovation Potluck #16 , 2019年11月20日
  2. 共有ステーションをもつI字組立セルの構成と運営に関する研究Ⅵ , 木村 有寿 , 第63回 日本経営システム学会 全国研究発表大会 , 2019年11月10日
  3. 共有ステーションをもつI字組立セルの構成と運営に関する研究Ⅴ , 木村 有寿 , 第59回 日本経営システム学会 全国研究発表大会 , 2017年10月

MORE

MISC

  1. 個体分裂アルゴリズムを用いるフレキシブル混合品種ライン設計法 , 日本経営工学会論文誌 , 53 , 6 , 456 , 465 , 2003年
  2. A Method for Designing Flexible Mixed-Product Lines Using a Fissiparous Algorithm , Journal of Japan Industrial Management Association , 53 , 6 , 456 , 465 , 2003年
  3. An economic model for (X)over-bar and R charts with time-varying parameters , H Ohta; A Kimura; A Rahim , QUALITY AND RELIABILITY ENGINEERING INTERNATIONAL , 18 , 2 , 131 , 139 , 2002年3月
    概要:This paper proposes an economic model for the selection of time-varying control chart parameters for monitoring on-line the mean and variance of a normally distributed quality characteristic. The process is subject to two independent assignable causes. One cause changes the process mean and the other chances the process variance. The occurrence times of these assignable causes are described by Weibull distributions having increasing failure rates. The paper combines two existing models: (1) the model of Ohta and Rahim (HE Transactions 1997; 29:481-486) for a dynamic economic design of (X) over bar control charts, where a single assignable cause occurs according to a Weibull distribution and all design parameters are time varying; (H) the model of Costa and Rahim (QRE International :2000; 16:143-156) for the joint economic design of (X) over bar and R control charts where two assignable causes occur independently according to Weibull distribution, with variable sampling intervals. The advantages of the proposed model over traditional (X) over bar and R control charts with fixed parameters are presented. Copyright (C) 2002 John Wiley Sons, Ltd.

MORE

共同研究・競争的資金等の研究課題

  1. 科学研究費補助金, 経営情報システムに関する研究
  2. Grant-in-Aid for Scientific Research, Studies of Management Information Systems
  3. ニューラルネットワークによる需要予測

MORE

技術相談